ちくわと豆腐でおかずが完成! しみじみおいしい「豆腐の卵とじ」	 画像(1/3) だしのしみた豆腐と卵がご飯に合う

ぎっくり腰になったO子です。数日たっても痛みのため、立っていられる時間は10分程度。そこで短時間で作れるレシピをかたっぱしから試してみたところ、ダントツ1位に躍り出たのが「豆腐の卵とじ」です。10分かからず作れる簡単さがうれしいこちらのレシピ、ちくわの食感とうまみがアクセントになってご飯がどんどん進みます。鍋から直接ご飯にかけて丼にすれば、洗い物が少なくて済むのも◎。だしをたっぷり含んだ豆腐と卵のやさしい味が弱った心と体にしみ入り、食べ終わる頃には気力も回復! ぎっくり腰のおかげで出会えた、簡単でおいしい「豆腐の卵とじ」。我が家のレギュラーメニューになりそうです。


豆腐の卵とじ

【材料】(2人分)

絹ごし豆腐 1/2丁、ちくわ 1と1/2本(約50g)、溶き卵 2個分、小松菜 1/2わ、煮汁(だし汁 3/4カップ、しょうゆ、みりん、酒 各小さじ2、砂糖 小さじ1/3)


【作り方】

1.小松菜は4cm長さに切り、葉と茎に分ける。豆腐は縦半分、横3等分に切る。ちくわは1cm幅の斜め切りにする。

2.小さめのフライパン(直径約20cm)に煮汁の材料を入れ、強めの中火にかける。ひと煮立ちしたら、小松菜の茎、豆腐、ちくわを順に広げ入れ、約2分煮る。

ちくわと豆腐でおかずが完成! しみじみおいしい「豆腐の卵とじ」	 画像(3/3) 煮立ったところに卵を回し入れるから、卵がふんわりし、全体がボリュームアップ

3.あいているところに小松菜の葉を加え、さっと煮る。溶き卵を回し入れ、ふたをして中火にし、40~50秒煮る。

(1人分174kcal、塩分1.7g)