レンジを使ってらくちん調理! 月~金で食べたい野菜の煮もの

#食 
「かぼちゃのレンジバター煮」


副菜として作ることが多い野菜の煮ものですが、毎日料理しているとどうしてもメニューが偏りがち。新しく覚えるにしても、できれば手軽にパパッと作れるものがいいですよね。今回は、電子レンジでチンするだけで完成する野菜の煮もの料理をご紹介。忙しい平日の夕ごはんにもおすすめですよ。

かぼちゃのレンジバター煮


【材料・2人分】

かぼちゃ 300g、バター 10g、合わせ調味料(だし汁[または水] 1/2カップ、みりん 大さじ2、しょうゆ 大さじ1)

【作り方】

1. かぼちゃは一口大に切る。

2. 耐熱皿に1、バターを入れ、合わせ調味料を回しかける。ふんわりとラップをかけ、電子レンジで約7分加熱する。ラップを取って上下を返し、粗熱をとる。

※電子レンジは600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

(1人分180Kcal、塩分1.0g)

かぼちゃのホクホクとした食感がたまらないメニューです。味つけに使うのは、香りを引き立ててくれるバターとしょうゆ。だし汁と相まって、子どもから大人まで楽しめる味に仕上がりますよ。

大根とミニトマトのレンジオイル煮


大根は厚さ5mmのいちょう切り、ミニトマトには1カ所だけ浅く切り目を入れましょう。噛んだ瞬間にうまみがジュワッと溢れ出すコンビです。

凝縮したうまみを味わう「大根とミニトマトのレンジオイル煮」


にんじんのレンジカレー煮


お弁当のメインおかずとしても活躍する煮もの。にんじんの甘みとカレー粉の辛みでご飯がどんどん進みます。

「にんじんのレンジカレー煮」


さつまいものミルク煮


ひと口サイズのさつまいもに牛乳をプラス。ミルキーな味が際立つため、お菓子感覚でいただける1品です。

「さつまいものミルク煮」


長ねぎのレンジスープ煮


長ねぎは5cmの長さに切ると食べやすいサイズに。ピリッとしたこしょうの辛みと長ねぎの歯ざわりを楽しめます。

「長ねぎのレンジスープ煮」


混ぜた材料を電子レンジでチンするだけだから、覚えるのはとっても簡単。どのメニューも活躍シーンは多く、それぞれ味つけ方法が違うところも魅力です。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)