5分でできるおいしい地味弁! ご飯がすすむ「ちくわのかば焼き弁当」 画像(1/3) 油代わりにマヨネーズを使ってコクを出す

見た目は地味ですが、ご飯はめちゃめちゃ進みます! 「ちくわのソースかば焼き弁当」は、5分で作れる超簡単レシピ。おいしさの秘密は、マヨネーズ。ちくわを油で炒めるかわりにマヨネーズを加え、うまみとコクをプラスします。フライパン1つでできるから、洗い物も最小限。寝坊してしまった朝や、疲れてやる気の出ない朝にも、このレシピがきっとあなたを救ってくれるはず!


ちくわのソースかば焼き弁当

【材料】(1人分)

ちくわ 2本、キャベツ 1枚、しめじ 1/2パック(約50g)、紅しょうが 適量、青のり 適量、温かいご飯 茶碗1杯分、合わせ調味料(ウスターソース 小さじ2、みりん、マヨネーズ 各大さじ1/2、しょうゆ 小さじ1)


【作り方】

1.フライパンに合わせ調味料を入れ、キッチンばさみでちくわを縦半分にし、さらに長さを半分に切って加える。キャベツは一口大にちぎって加え、しめじはキッチンばさみで根元を切り落とし、小房に分けてのせる。

5分でできるおいしい地味弁! ご飯がすすむ「ちくわのかば焼き弁当」 画像(3/3) フライパンひとつでできるから、洗い物も少なくて済む

2.ふたをして強めの中火にかけ、ふつふつしたらふたを取り、汁けがほとんどなくなるまで炒める。

3.弁当箱にご飯を詰め、2のちくわをのせ、残りは端にのせる。青のりをふり、紅しょうがを添える。

(1人分381Kcal、塩分3.6g、調理時間5分)