定番だからこそ覚えたい! 味つけいろいろ「ポークソテー」5選

#食 
「ポークソテーのトマトソースがけ」


ジューシーな肉汁を堪能できる“ポークソテー”は、ご飯と相性がよい定番のおかず。味つけの幅を広げるために、さまざまなソースを味わえるポークソテーを作ってみませんか? 焼くだけで完成するので、意外と簡単に調理できますよ。

ポークソテーのトマトソースがけ


【材料・2人分】

豚ロースとんカツ用肉 2枚、トマト 2個、ベビーリーフ 適宜、合わせ調味料(しょうゆ 大さじ1、砂糖、酒、みりん 各小さじ2)、塩、こしょう、小麦粉、カレー粉、オリーブ油

【作り方】

1. トマトはざく切りにする。豚肉は筋切りをし、塩、こしょう各少々をふる。バットに小麦粉大さじ2、カレー粉小さじ2を入れて混ぜ、豚肉にしっかりまぶす。小麦粉とカレー粉を混ぜて豚肉につけると、焼いたときに香りが立ち、風味がアップする。

2. フライパンにオリーブ油小さじ2を熱し、1の豚肉を並べて約2分焼き、上下を返してさらに約1分焼く。フライパンのあいたところにトマトを加えて炒め、皮がはじけたら、合わせ調味料を加えて混ぜる。

3. 強めの中火にし、再び豚肉の上下を返して約1分炒め煮にする。器に汁ごと盛り、ベビーリーフを添える。

(1人分452Kcal、塩分2.1g、調理時間10分)

トマトの酸みとスパイシーなカレーの風味が見事にマッチ。合わせ調味料を加えたら、豚肉の上下を返して約1分ほど炒め煮にします。お皿にベビーリーフをちょこんと添えてめしあがれ。

豚のたたみ焼き みそチーズソース


みそとヨーグルトをベースにしたソースが味の決め手。肉を半分に折りたたむと、ボリューム感がさらにアップします。

ふんわりした豚肉が絶品!「豚のたたみ焼き みそチーズソース」


ポークソテー粒マスタードしょうゆ味


火が通りやすいミニトマトは、肉を焼いてからフライパンへ投入しましょう。粒マスタードの風味が甘辛いソースと合わさってGOOD。

「ポークソテー粒マスタードしょうゆ味」


ウスタージンジャーポークソテー


しょうがの爽やかな香りを楽しめるポークソテー。つけ合わせに使用するさつまいもは1cmの厚さにカットします。

「ウスタージンジャーポークソテー」


豚肉のソテーねぎだれがけ


調理時間10分で作れるお手軽メニュー。ねぎだれはごま油以外の材料を先に混ぜることで、味がなじみやすくなりますよ。

「豚肉のソテーねぎだれがけ」


豚肉は部位によって下ごしらえのポイントが変化する食材です。とんカツ用のロース肉を調理する際は丸まらないよう、脂肪と赤身の間に切り目を入れてください。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)