味つけにも大活躍! ラー油を使った「ピリ辛副菜」5選

#食 
「みそラー油あえ」


中華料理に欠かせないものといえば、辛みをプラスしてくれるラー油。餃子や担々麺などによく使われるイメージですが、野菜とも相性抜群な便利調味料です。今日はラー油が味の決め手となる副菜をピックアップしたので、よければ家で作ってみませんか? 食欲がなくてもパクパクと食べられますよ。

みそラー油あえ


【材料・2人分】

ゆでほうれん草(ほうれん草 1/2わ、塩)、焼きのり 1/8枚、みそ、砂糖 各小さじ2、ラー油 小さじ1/2~1

【下ごしらえ】

1. ゆでほうれん草。ほうれん草は塩を加えた熱湯でゆで、冷水にとって水けを絞り、3~4cm長さに切る。

【作り方】

1. 焼きのりは手でちぎる。

2. みそ、砂糖、ラー油をよく混ぜ、ゆでほうれん草、1を加えてあえる。

(1人分57Kcal、塩分0.9g)

長さ3~4cmにカットしたほうれん草とラー油を組み合わせたあえもの。みそとラー油で味つけすると、見事にほうれん草の苦みが解消されます。こうばしい風味が口に広がるため、ご飯がどんどん進むはず。

ラー白菜


シャキシャキ感がクセになる白菜の炒めものです。ピリ辛で肉厚の白菜を存分に楽しみましょう。

しょうがも一緒に味わえる「ラー白菜」


にらたまラー油おひたし


ゆでたにらは冷水で冷ましてから長さ5cmくらいにカットします。トロトロの卵黄をからめてめしあがれ。

「にらたまラー油おひたし」


もやしラー油


もやしとラー油のみで作れる歯ざわりのよいメニューです。ご飯のお供やおつまみにぴったり。

「もやしラー油」


貝割れツナラー油


さわやかな辛みとこってりとした辛みをダブルで堪能できます。辛みだけでなく、ツナのうまみも味わえてGOOD。

「貝割れツナラー油」


ラー油をかけるだけで食欲をそそる絶品の副菜に仕上がります。冷蔵庫で余った野菜を消費したい人や、ご飯の進むおかずがほしい時などにお試しあれ!

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //