少しだけ余ったときに! 5cm以下の大根で作るお手軽あえもの5選

#食 
「大根とザーサイのあえもの」


12~2月に食べごろを迎える大根。幅広い料理に使用できますが、意外と1日では使い切れない食材ですよね。今回は使い道に困りがちな、少し余った大根の活用法をご紹介します。大根が約5cmあれば完成するメニューばかりなので、献立の品数が少ないときに一役買ってくれるかも。

大根とザーサイのあえもの


【材料・2人分】

大根 3cm(約100g)、ザーサイ(味つき)20g、貝割れ菜 15g、こしょう

【作り方】

1. 大根、ザーサイは細切りにする。貝割れ菜は2cm長さに切る。

2. ボウルに1、こしょう少々を入れてよくあえる。

(1人分14Kcal、塩分0.7g、調理時間5分)

大根とザーサイのシャキシャキした歯ごたえを楽しめるあえもの。こしょうの辛みとザーサイの塩けが相まって、やみつきになる味わいです。たったの5分で完成するため、献立の品数が少ないときに重宝するはず。

大根とかに風味かまぼこのマヨあえ


大根は1cm幅の短冊切りにし、かにかまは細かくほぐします。ゆずこしょうの風味豊かな香りがたまりません。

ピリッとした辛みがアクセント!「大根とかに風味かまぼこのマヨあえ」


ツナときゅうり、大根のわさびあえ


ツナのうまみを存分に味わえる1品。わさびじょうゆを具材としっかり混ぜ合わせたら完成です。

「ツナときゅうり、大根のわさびあえ」


大根の高菜あえ


1人前19kcalに抑えてある低カロリーメニュー。味が物足りない場合はしょうゆを加えてください。

「大根の高菜あえ」


大根のゆずこしょうマヨあえ


ゆずこしょうとマヨネーズが味の決め手。大根は7mm四方の棒状にカットすると食べやすい大きさになります。

「大根のゆずこしょうマヨあえ」


大根は古くなると切り口から水分が蒸発し、“す”が入りやすくなる食材です。保存する際は、しっかりラップをしてから冷蔵庫へ入れましょう。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //