肉も魚もコレ一本! 冷蔵庫で3~10日保存できる長ねぎ入りのたれ5選

#食 
「ねぎだれ」


薬味や香味野菜として人気の長ねぎは、冬が旬にあたる野菜です。美味しいだけでなく食欲を増進させてくれる働きがあり、肉や魚の生臭みを消してくれるのも嬉しいところ。今回はそんな長ねぎのよさを活かした“万能たれ”を5つ紹介していきます。冷蔵庫で保存すれば日持ちするので、時間があるときに作り置きしてみてはいかがでしょう?

ねぎだれ


【材料・作りやすい分量・140ml分】

長ねぎ 1/2本、おろししょうが 大さじ2、塩、サラダ油

【作り方】

1. ねぎは粗みじん切りにする。

2. 耐熱ボウルに1、しょうが、塩小さじ1を入れてラップをふんわりかけ、電子レンジで約2分加熱する。熱いうちに油大さじ1/2を加えて混ぜる。さめてから保存容器に入れ、冷蔵庫で3~4日間保存可能。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

(全量で85Kcal、塩分6.5g)

長ねぎは3~4mm角程度に粗くみじん切りにするのがポイント。おろししょうがをたっぷり加えれば、ピリッとさわやかな口当たりを楽しめます。冷蔵庫で3~4日ほど保存できますが、保存容器に入れる前にしっかり冷ましておくことを忘れずに。

コウ家特製ヤンニョンジャン


ヤンニョンジャンとは韓国の伝統的な調味料のこと。韓国粉とうがらしを使用するか、一味とうがらしで代用して作りましょう。

ピリ辛風味がお肉との相性抜群!「コウ家特製ヤンニョンジャン」


ねぎだれ


お酢のほどよい酸味と長ねぎの香りがたまらない組み合わせ。シンプルな味つけなので、色々な食材と合わせられます。

「ねぎだれ」


コクみそだれ


長ねぎのみじん切りとみそをあわせた、コクのある万能だれです。メインはもちろんサラダなどに使うのもおすすめ。

「コクみそだれ」


和風ねぎだれ


だし汁をベースとした、消化にいい和風のたれ。粗熱をとって保存容器に入れれば冷蔵庫で1週間ほど保存できます。

「和風ねぎだれ」


寒い時期の長ねぎは甘みが増して、美味しく育ちます。お店で選ぶときには白い部分と青い部分がはっきり分かれていて、色つやがいいものを探してみてくださいね。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)