とろ~りチーズでコーティング♪ しっとり食感を楽しめるとりむね肉のメニュー5選

#食 
「チキンのトマトチーズ焼き」


高たんぱく質・低脂肪のヘルシーなとりむね肉は、普段の食卓に欠かせない食材。他のお肉とくらべてリーズナブルなのも大きな魅力ですよね。今回はそんなとりむね肉をチーズでコーティングしたメニューを5つご紹介します。とろとろのチーズと肉をからめて、上質な食感を堪能してみてはいかが?

チキンのトマトチーズ焼き


【材料・2人分】

とりむね肉 1枚(約250g)、下味(白ワイン 大さじ2、塩 小さじ1/2、こしょう 少々)、ピザ用チーズ 50g、玉ねぎ、トマト 各1個、クレソン 適宜、バター、粗びき黒こしょう

【作り方】

1. <朝の準備>とり肉は1cm幅のそぎ切りにし、下味をもみ込む。玉ねぎとトマトは1cm厚さの輪切りにする。

2. フライパンにバター10gをぬり、玉ねぎを並べ、肉、トマト、ピザ用チーズを順に広げのせる。ラップかふたをし、冷蔵庫に入れる。

3. <夜の仕上げ>フライパンを冷蔵庫から出して火にかけ、ふたをして弱めの中火で約10分、蒸し焼きにする。

4. 皿に盛ってこしょうをたっぷりふり、クレソンを食べやすくちぎって添える。

(1人分381Kcal、塩分2.1g)

あらかじめとり肉に下ごしらえを済ませておけば、フライパンで蒸し焼きにするだけで手軽に調理できます。ピザ用チーズをたっぷりのせて焼き上げましょう。最後はクレソンを食べやすい大きさにちぎって添えれば、さわやかな香りを楽しめるはず。

とり肉のチーズポン酢焼き


とり肉は中火で熱しながらポン酢とウスターソースで味つけ。チーズをのせたあと、残ったソースをかけたら完成です。

ウスターソースでコクを出した「とり肉のチーズポン酢焼き」


とりときのこのチーズ焼き


とり肉に焼き色をつけてからきのこをのせると、うまみが全体にいきわたります。トマトといんげんで彩りよく仕上げるのがポイント。

「とりときのこのチーズ焼き」


チキンソテー・チーズソース


牛乳を温めながら少しずつチーズを加えると、だまになりません。ふんわりチキンと2種類の濃厚ソースは相性が抜群です。

「チキンソテー・チーズソース」


とりむねソフトせんべい


とり肉を電子レンジで温める際は、重ならないように並べるとむらができにくくなります。一口サイズなのでおやつ感覚で食べられるのがうれしいところ。

「とりむねソフトせんべい」


とり肉は水分が多いため、いたむのが比較的早いのが特徴。冷蔵庫で保存して、できるだけすぐに使いきるようにしたいですね。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //