水煮を使ったお手軽メニュー! 栄養たっぷりな大豆のアレンジ副菜5選

#食 
「トマト大豆」


“畑の肉”とも呼ばれる大豆は、たんぱく質・脂質・炭水化物をバランスよく含んだ食材。便秘予防・改善の効果も期待できるので、上手く献立に取り入れていきたいですよね。今回はそんな大豆をおいしくアレンジした副菜を5つご紹介。あらかじめ下ごしらえを済ませた水煮を使うため、パパっと調理して食卓に並べられますよ。

トマト大豆


【材料・作りやすい分量・4~5人分】

トマト 3個、ハム 3枚、大豆の水煮 200g、玉ねぎ 1/2個、おろしにんにく 1片分、パセリ 1枝、洋風スープの素(顆粒) 小さじ2、サラダ油、トマトケチャップ、ウスターソース、マスタード、塩

【作り方】

1. トマトは一口大に切り、ハムと玉ねぎは1cm四方に切る。

2. フライパンに油大さじ1を強めの中火で熱し、玉ねぎ、にんにく、大豆の順に入れて炒める。全体に油がなじんだら、トマト、ハム、湯1/4カップ、スープの素を加えて煮る。

3. フツフツしたら、ケチャップ、ウスターソース各大さじ1、マスタード小さじ1、塩小さじ1/4を加えて混ぜ、中火にして約10分煮る。パセリをちぎって加え、さっと混ぜる。ケチャップ、ウスターソースなど数種類の調味料を加えて味わいに深みを出しながら、しっかり調味して日もちよく。

(1人分157Kcal、塩分1.5g)

大豆の水煮をトマト果汁でじっくり煮込んだ、うまみたっぷりのメニュー。ケチャップやウスターソースなどの調味料を加えて味わいに深みを出しましょう。単品で食べるのはもちろん、肉や魚のつけ合わせとしても優秀です。

大豆ときゅうりのしょうがポン酢


大豆の水煮ときゅうりにしょうがポン酢を加えた和え物。火を使わずに作れるので、調理や後片付けの手間がかかりません。

おろししょうがのきいた「大豆ときゅうりのしょうがポン酢」


にんじんと大豆のマヨあえ


たった5分で用意できるお手軽レシピ。パンにはさんで、にんじんや玉ねぎのみずみずしい食感を楽しんでみてはいかが?

「にんじんと大豆のマヨあえ」


コーンと大豆の洋風煮


缶詰を使うため5分煮るだけで十分に味がしみ込みます。見栄えがいいので、お弁当のおかずとしても使えるはず。

「コーンと大豆の洋風煮」


チンゲンサイと大豆のピリ辛あえ


チンゲンサイを電子レンジで温めたら、大豆の水煮や調味料を加えてあえるだけ。仕上げのラー油によって一段と香ばしさがアップします。

「チンゲンサイと大豆のピリ辛あえ」


水煮缶を一度に使いきるのが難しいという人は、余った分を冷凍保存するのもおすすめ。密閉できる容器を用意して、できるだけ豆が平らになるように入れておきましょう。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //