火を使わずにパパッとすぐでき! 忙しい日にもってこいのどんぶり5選

#食 
「レンジキムチ豚丼」


週末になると一週間の疲労がドッと溜まり、ちょっと一休みしたくなってしまうもの。そんなときは無理をせず、ラクチンなのに手抜きに見えない料理で乗りきりましょう! 今回は「火を使わずにすぐできるどんぶり」を5つピックアップ。具材をご飯にのせるだけで、ボリュームたっぷりのメインがあっという間に作れますよ。

レンジキムチ豚丼


【材料・2人分】

豚バラ薄切り肉 150g、白菜キムチ 100g、玉ねぎの薄切り 1/2個分、温かいご飯 どんぶり2杯分、たれ(おろしにんにく 少々、しょうゆ、水 各大さじ2、砂糖、みりん 各大さじ1)

【作り方】

1. 豚肉は長さを半分に切る。キムチは大きければ食べやすい大きさに切る。

2. 耐熱皿にたれの材料を入れて混ぜ、玉ねぎを広げ入れる。ふんわりとラップをかけて、電子レンジで約4分加熱し、取り出す。

3. ラップをはずしてたれの中に豚肉を1切れずつ並べ、ふんわりとラップをかけて、電子レンジでさらに約4分加熱する。

4. 器にご飯を盛り、3、キムチの順にのせ、3の皿に残った汁大さじ4をかける。

※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

(1人分668Kcal、塩分3.3g)

豚バラ肉に市販の白菜キムチなどをプラスした、ちょい足しどんぶりです。電子レンジで玉ねぎを加熱したら豚肉を一切れずつ並べ、ふんわりとラップをかけて再び電子レンジへ。肉汁を吸った玉ねぎはうまみたっぷりで、ご飯が進むこと間違いなし。

混ぜいなり丼


油揚げは1cm幅ほどの大きさに切って耐熱容器に入れ、調味料と混ぜ合わせましょう。電子レンジで加熱する際はラップをかけなくてOKです。

いなりの味をどんぶりで再現!「混ぜいなり丼」


ザーサイ豆腐卵丼


ラー油とザーサイを加えて、豆腐どんぶりを中華風にアレンジ。ピリッと辛いラー油の風味が食欲をそそります。

「ザーサイ豆腐卵丼」


明太チーズ卵丼


からし明太子×チーズの王道コンビは、外さないおいしさ。からし明太子をたらこに変更して、子ども向けの味にアレンジしてもいいかもしれません。

「明太チーズ卵丼」


アボカド納豆丼


アボカドを使った栄養満点のどんぶりです。具材を切ったら混ぜ合わせるだけですぐ作れるので、忙しい日のランチなどにもおすすめ。

「アボカド納豆丼」


どんぶりものは必要な材料が少ない上、調理するのもとても簡単。この機会に子どもに作り方を教えてあげて、親子で一緒に料理を楽しんでみてはいかがでしょう?

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
レンジキムチ豚丼
混ぜいなり丼
ザーサイ豆腐卵丼
明太チーズ卵丼
アボカド納豆丼

ほかにもいっぱい!「丼もの その他」のレシピ

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //