冷凍食品だから買い置きできる! 冷凍シーフードを使ったご飯もの5選

#食 
「シーフードドリア」


おいしくて栄養が豊富な魚介類は、積極的に毎日の献立に取り入れていきたいもの。ですが下処理の手間もかかるし、調理するのが面倒…と思ってしまう方も多いのでは? そこで今回は、下ごしらえの必要がない冷凍シーフードを使った主食5選をご紹介しましょう。魚介のうまみを吸ったご飯は、やみつきになってしまうほどのおいしさですよ。

シーフードドリア


【材料・2人分】

冷凍シーフードミックス 150g、ピザ用チーズ 40g、玉ねぎのみじん切り 1/2個分、パセリのみじん切り 適宜、ご飯 茶碗2杯分、ソース(牛乳 40ml、マヨネーズ 大さじ4)、バター、酒、塩、こしょう、マヨネーズ

【作り方】

1. 耐熱ボウルに玉ねぎとバター大さじ1を入れてラップをかけ、電子レンジで約3分加熱する。凍ったままのシーフードミックス、酒大さじ1を加えて混ぜてラップをかけ、粗熱をとりながら解凍する。

2. ボウルにソースのマヨネーズを入れ、牛乳を少しずつ混ぜながら加える。チーズとともに1に加えて混ぜ、塩、こしょう各適宜で調味する。マヨと牛乳はよく混ざりやすく適度なとろみが残るから簡単ホワイトソースのよう。おいしそうな焦げ目もつく。

3. グラタン皿にご飯を盛って2をかけ、マヨネーズ適宜を絞る。アルミホイルをふんわりかけて、オープントースターで約15分、チーズが溶けるまで焼く。

4. 3のアルミホイルを取って、さらに約5分、こんがり焼いてパセリを。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

(1人分584Kcal、塩分2.4g)

ちょっと肌寒い日のランチやディナーに食べたくなるような一品です。マヨネーズと牛乳で作ったソースは適度なとろみがあり、まるでホワイトソースのような味わい。じっくりと焼いて、ドリアの醍醐味であるこんがりとした焦げ目を楽しみましょう。

シーフードミックスカレー


うまみエキスをギュッと凝縮したシーフードカレー。冷凍シーフードミックスをにんにくと炒めてワインで蒸し煮にすることで、風味よく仕上がります。

【画像を見る】素材のうまみを堪能できる「シーフードミックスカレー」


パエリャ風炊き込みご飯


スペイン・バレンシア地方発祥の米料理、パエリアを作りやすくアレンジ! シーフードミックスを凍ったまま炒めると、上手く臭みが抜けるはず。

「パエリャ風炊き込みご飯」


ひじきの炊き込みピラフ


水でもどしたひじきは炒め合わせずに、米と一緒に炊飯器で炊き上げましょう。電子レンジで加熱した野菜と炊きたてのご飯をさっくり混ぜればできあがり。

「ひじきの炊き込みピラフ」


簡単かき揚げ丼


シーフードミックスは解凍し、ペーパータオルで水けを拭いて。ころもをつけたら両面にこんがりと焼き色がつくまで揚げ焼きにしていきます。

「簡単かき揚げ丼」


どこのスーパーでも手軽に入手できる冷凍シーフードですが、店舗によって値段にバラツキがあります。開封しなければ日持ちするので、リーズナブルな業務用スーパーなどで買い置きしておくのもいいかもしれませんね。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //