揚げ物好きも大満足! たっぷり春キャベツでふっくらジューシー「キャベツメンチカツ」

#食 
野菜たっぷりでふっくらキャベツメンチカツ


手頃な価格で手に入る旬の春キャベツ。でも買ったはいいけれど、使い切れなくて……という人も多いようです。そんなときには、「キャベツメンチカツ」をぜひ! ひき肉と同量のキャベツを使ったメンチカツは、ふっくらジューシー。キャベツの甘みと肉のうまみが相まって、何ともいえないおいしさです。サクサク食感がお好みなら、生パン粉を使うと◎。わざわざ市販のものを買わなくても、家にある食パンをフードプロセッサーやミキサーにかければOKなので、ぜひためしてみて。

キャベツメンチカツ


【材料】(2人分)

メンチカツだね:合いびき肉 150g、溶き卵 1/2個分、キャベツ 150g、玉ねぎ 1/4個(50g)、生パン粉 1/2カップ、塩 小さじ1/3、こしょう 少々 ころも:卵水(溶き卵1/2個分、水大さじ1、小麦粉、生パン粉 各適宜 つけ合わせ:キャベツのせん切り 1〜2枚分、レモンのくし形切り 適宜 揚げ油、中濃ソース(またはウスターソース)

【作り方】

1.キャベツは粗みじん切りにする。

キャベツはひき肉と同量。たっぷり混ぜることでふっくらとして軽い口当たりになる


2.玉ねぎはみじん切りにする。

玉ねぎは炒めなくてOK。パン粉は生パン粉を使うと、しっとり仕上がるのでおすすめ


3.ボウルにひき肉、溶き卵、塩、こしょうを入れ、粘りが出るまで手でよく練り混ぜる。

4.キャベツ、玉ねぎ、パン粉を加えてまんべんなく混ぜ、さらに手のひらで押すように混ぜて、なめらかにする。

手のひらで押し込むようにするとたねに粘りが出て、なめらかになる


5.たねを半分にし、約2cm厚さの小判形に整える。

6.たねの表面に小麦粉をまぶす。このとき、たねに直接小麦粉をふり、手で軽くたたきつけるようにして、しっかり、まんべんなくまぶす。

小麦粉は、肉や野菜のうまみを閉じ込める役割。野菜から水分が出やすいので、写真のようにしっかりと、均等につける


7.溶き卵と水をよく混ぜ合わせた卵水をつける。

側面にもつける。返すときは、フライ返しを使うと形がくずれにくい


8.たねをパン粉が入ったバットに入れ、上からもパン粉をかけ、形を整えながら軽く押さえて、たっぷりつける。

9.揚げ油を中温(約170℃)に熱する。3のたねを1個入れて約1分待つ。菜箸で側面をさわって、ころもが少し固まったら裏返し、もう1個を入れる。

2個のたねを一度に揚げ油に入れると油の温度が急激に下がり、サクッと揚がらなくなるので、時間差で入れる。フライ返しを使うと、静かに入れられる


10.2個目のたねを入れたら1分待ち、ころもが少し固まったら裏返す。全体にころもが固まったら時時上下を返しながら、5〜6分ずつ、こんがり色づくまで揚げる。食べやすい大きさに切って皿に盛り、つけ合わせのキャベツ、レモンを添える。ソースをかけて食べる。

(1人分479kcal、塩分1.9g)

時々上下を返すことで、むらなく色づく。色や時間のほか、パチパチという音が大きくなるのも揚げ上がりの目安


この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
キャベツメンチカツ

こちらもおすすめ!
豆腐メンチカツ




おすすめ読みもの(PR)