定番メニューにひとひねり♪ 新感覚のアレンジシチュー5選

#食 
「にん玉じゃがのトマトみそシチュー」


シチューといえば、カレーと肩を並べるほどの人気料理。いつも作っているシチューに飽きてきたら、アレンジを加えてみるのもいいかもしれません。今回は一風変わったアレンジシチューを5つピックアップ。定番のシチューにひとひねりを加えて、絶品メニューを作ってみてはいかがでしょう?

にん玉じゃがのトマトみそシチュー


【材料・2人分】

にんじん 1本、玉ねぎ 1個、じゃがいも 2個、牛こま切れ肉 150g、ホールトマト缶 1/2缶(200g)、ブイヨン(固形スープの素1/2個+湯) 2カップ、塩、粗びき黒こしょう、サラダ油、バター、みそ

【作り方】

1. にんじんは1cm厚さの輪切りにし、太いところは半月切りにする。玉ねぎは8等分のくし形切りにする。じゃがいもは4~6つに切る。牛肉は塩、こしょう各少少をふる。ホールトマトは粗くつぶし、缶汁はとっておく。

2. 鍋に油大さじ1/2を熱し、牛肉を入れて炒め、色が変わったら取り出す。

3. 2の鍋にバター10gを溶かし、にんじん、玉ねぎ、じゃがいもを入れて炒める。全体に油がまわったら、トマトと缶汁を加えて混ぜ、ブイヨンを加える。煮立ったらアクを除いて15~20分煮る。2を戻し入れ、みそ大さじ1と1/2~2を溶き入れる。軽く煮て皿に盛り、こしょう適宜をふる。トマトで煮込んだら、最後にみそを加えると、味に奥行きが出て、ご飯にも合うおかずに。

(1人分630Kcal、塩分3.3g)

トマトと牛肉のうまみを堪能できるオレンジ色のシチュー。にんじんをカットする際は厚さ約1cmの輪切りにし、太い部分は半月切りにしましょう。最後にみそを加えることで、シチューのコクが一段とアップします。

ピリ辛ビーフシチュー


牛肉を始めとした具材がモリモリ入っているので食べごたえ抜群! 豆板醤のピリッとした辛みがたまりません。

【画像を見る】ジューシーな牛肉をたっぷり味わえる「ピリ辛ビーフシチュー」


イタリアントマトとパンのシチュー


甘みのあるシチューにフランスパンをプラスした一品。トマトは火が通りやすいので、ほかの野菜をしっかり炒めたあとに加えてください。

「イタリアントマトとパンのシチュー」


豚カレーシチュー


シチューとカレーの良いとこ取りをしたユニークなレシピ。カレールウを少し加えるだけで、懐かしい味わいに仕上がります。

「豚カレーシチュー」


スペアリブのカムジャタン風シチュー


すりごまときな粉で味をととのえているので、マイルドな辛さを楽しめます。スペアリブは30~40分程度煮るとやわらかな食感に。

「スペアリブのカムジャタン風シチュー」


アレンジの仕方は無限大なので、お好みの具材をプラスしてみるのもおすすめ。たとえば旬の野菜を加えるだけで、季節感あふれるメニューに変身しますよ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //