魚なのにすぐでき! 15分以内に作れる魚のラクうまおかず5選

#食 
「たらのソテーマーマレードソース」


魚を使った料理は意外と手間や時間がかかるもの。家事に追われているときは、作るのを避けたくなってしまうこともありますよね。そこで今回は、15分以内でパパっと作れる魚のお手軽メニューを5つご紹介。レシピを参考にして、栄養満点でおいしい魚料理を作ってみてはいかがでしょう?

たらのソテーマーマレードソース


【材料・2人分】

生だら 2切れ、レモンの半月切り 2枚、玉ねぎのみじん切り 1/8個分、ベビーリーフ 適宜、白ワイン(または酒) 大さじ1、ソース(マーマレード 大さじ1、レモン汁 小さじ1、顆粒スープの素 小さじ1/3弱、水 1/4カップ)、水溶き片栗粉(片栗粉 小さじ1/4、水 小さじ1/2)、塩、こしょう、小麦粉、バター

【作り方】

1. たらは塩、こしょう各少々をふり、小麦粉を薄くまぶす。ソースの材料を混ぜ合わせる。

2. フライパンにバター大さじ1を溶かし、たらを表になるほうを下にして入れる。うすく焼き色がついたら返して裏面も焼き、皿に盛って、レモンをのせる。たらはフライパンに入れたら、上下を返すまでさわらないこと。そうすれば身くずれせずに焼ける。

3. 続けて同じフライパンに玉ねぎを入れて炒め、しんなりしてきたらワインを加える。ひと煮立ちしたらソースの材料を加える。塩、こしょうで味をととのえ、水溶き片栗粉でとろみをつけ、2にかける。ベビーリーフを添える。

(1人分180Kcal、塩分1.5g)

たらはバターをたっぷり溶かしたフライパンで、こうばしく焼き上げましょう。身がくずれやすいため、一度焼きはじめたら上下を返すまでさわらないように。最後はマーマレードやレモン汁で味をととのえたソースで、リッチな味つけに仕上げてくださいね。

たちうおの南蛮漬け


たちうおを下ごしらえしたら、油を熱したフライパンで揚げ焼きにするだけ。万能ねぎやミニトマトを加えれば彩りも格段によくなります。

【画像を見る】ふっくらとした身がおいしい「たちうおの南蛮漬け」


白身魚とまるごとピーマンの中華蒸し


かじきとピーマンを蒸し焼きにしてうまみを閉じ込めましょう。まるごと蒸したピーマンは、種まで食べられるのがうれしいところ。

「白身魚とまるごとピーマンの中華蒸し」


かれいの煮つけ


落としぶたでしっかり味をしみこませるのが調理のコツ。かれいのぬめりには独特の臭みがあるため、包丁でしっかり皮のぬめりやうろこを取っておきます。

「かれいの煮つけ」


たちうおのコチュジャン焼き


たちうおはコクのあるコチュジャンだれに漬けて、エスニックな風味に。付け合わせのししとうが食欲をそそってくれます。

「たちうおのコチュジャン焼き」


今回取り上げたメニューは蒸し焼きにしたり、うまみがつまった“たれ”を使用しているのがポイント。短い調理時間でも、作り方を工夫すれば本格的な味わいに仕上げられますよ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //