一品ですぐに満腹! トマト風味が食欲をそそるチキンライス5選

#食 
「混ぜチキンライス」


トマトケチャップの風味がきいたチキンライスは、子どもから大人まで大人気のメニュー。他におかずを用意しなくても、一品で満足感を得られるのがうれしいですよね。今回はいろいろな工夫を凝らしたチキンライスの作り方をご紹介。お気に入りの味つけを見つけて、毎日の献立に取り入れてみてはいかがでしょう?

混ぜチキンライス


【材料・2人分】

とりむね肉 大1/2枚(約150g)、マッシュルーム 5個、ピーマン 1個、玉ねぎのみじん切り 1/4個分、にんにくのみじん切り 1片分、卵液(溶き卵 3個分、砂糖 大さじ1/2、塩 少々)、温かいご飯 茶碗大盛り2杯分(約320g)、サラダ油、こしょう、塩、トマトケチャップ、しょうゆ

【作り方】

1. マッシュルームは縦薄切りにし、ピーマンは縦半分に切ってから粗いみじん切りにする。とり肉は2cm角に切る。

2. フライパンに油大さじ1を熱し、とり肉、玉ねぎ、にんにく、こしょう少々を入れて炒める。肉の色が変わったら塩少々を加えてさっと混ぜ、マッシュルーム、ピーマンを加えて炒める。マッシュルームがしんなりしたらケチャップ大さじ3、しょうゆ少々を加え、焦げる寸前までしっかり水分をとばして炒める。ご飯と混ぜ合わせ、器に盛る。しっかり味をつけた具材を、温かいご飯に混ぜ合わせると、味にメリハリがついておいしい。

3. フライパンをきれいにして、油小さじ1を熱し、卵液の半量を流し入れ、大きくかき混ぜて広げ、半熟状になったら2にのせる。残りも同様に作る。好みでケチャップをかけ、パセリを添えても。

(680Kcal、塩分1.8g)

とり肉や玉ねぎなどの具材をあったかご飯と混ぜ合わせるだけなので、作り方はとても簡単。にんにくやケチャップを使って、しっかり味つけしていきましょう。卵が半熟になるように加熱時間を調整するのが、上手に作るポイントです。

トマトチキンライス


玉ねぎはしんなりするまで炒めることで、うまみのもとに。仕上げにバターとしょうゆを加えて軽く炒め、こうばしい風味を引き出しましょう。

【画像を見る】お弁当にもぴったりの「トマトチキンライス」


ガーリックチキンライス


とり肉と野菜に調味料を加えて加熱した後、ご飯を加えます。電子レンジで調理するので、焦げついたり味つけがむらになる心配もありません。

「ガーリックチキンライス」


懐かしチキンライス


ゴロゴロとしたチキンの食感がおいしさの秘訣です。最後に塩とこしょうを少しずつ加えて、味をととのえることもお忘れなく。

「懐かしチキンライス」


桝谷式チキンライス


鍋に湯を沸かしたら塩と酢を加え、卵を入れて慎重にゆでていきます。完成したポーチドエッグをチキンライスにのせれば、お店のような華やかな見た目に。

「桝谷式チキンライス」


メインの具材としてとり肉を使うチキンライスは、安価で用意できるのが魅力。フライパンで炒めたり電子レンジでチンするだけで作れるので、ぜひ気軽にチャレンジしてみてくださいね。

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
混ぜチキンライス
トマトチキンライス
ガーリックチキンライス
懐かしチキンライス
桝谷式チキンライス

ほかにもいっぱい!「混ぜご飯 その他」のレシピ

■忙しい毎日のご飯作りに役立つ「時短特集」はこちら!
栄養もおいしさも◎へとへとでもあっという間に完成!

おすすめ読みもの(PR)