簡単な工夫で家事時間を短縮! キッチンをキレイに保つ「-5分家事」ワザ

#やってみた 
キッチンの片隅に掃除道具をスタンバイ


日に何度も使う場所だから、どうしても汚れがちなキッチン。でも、なるべく掃除はしたくない! 何かいい方法はないものか、とお悩みの方へ。「ついた汚れはとにかくすぐ拭き、こびりつかせないのが家事をラクにする早道です」と、知的家事プロデューサーの本間朝子さん。ほかにもキレイをキープする“なるほど納得”ワザを伺いました。

 

【床掃除とゴミ箱の工夫で-5分家事】


●汚れたらすぐ拭く、でいつも清潔なキッチン

【写真を見る】汚れたらすぐ拭く!を習慣に。「すぐやれば、すぐ終わる」と本間さん


床が汚れやすいキッチンは、すぐ拭き掃除ができるように、冷蔵庫脇にスプレーボトルつきのワイパーをスタンバイ。各所の汚れに合わせて、便利な道具を適材適所で使うのも-5分家事のコツ。

 

●洗ったあと移動なくしまえる資源ゴミ収納

資源ゴミはシンク下の引き出しを置き場所に


シンク下の引き出しを資源ゴミ置き場にすれば、空の瓶や缶をゆすいだあと、移動の手間なく、さっと片づけられてスムーズ。

 

●ゴミ袋はゴミ箱に掛けて。収集日を貼ってさらに分かりやすく

ゴミ箱にバーをつけてゴミ袋の定位置にすれば、その場で袋交換が可能に


ゴミ箱にバーをつけ、そこにゴミ袋を掛ければ、その場で袋の交換ができる。ゴミ収集日のラベルをゴミ箱に貼っておけば、家族でゴミ出しをシェアしやすい。

掃除道具がすぐ手の届く所にあれば「キッチンが汚れた!→掃除道具を取りに行かなきゃ→面倒だから後でいいか」の悪循環もナシ! 資源ゴミの収納方法も、スムーズなゴミ袋交換テクもすぐにできることばかりですね。

この記事に共感したら

レタスクラブ編集部

レタスクラブ編集部

「毎日のくらしに、ちょっといいこと」。プロの料理家のレシピを中心... もっと見る

Twitter:
@lettuce__club
Instagram:
@lettuce_official

Information

教えてくれたのは:本間朝子さん
仕事と家事の両立に苦労した経験から、家事の効率化をメソッドにした「知的家事」を考案。時代に合った提案で、幅広く活躍中。『家事の手間を9割減らせる部屋づくり』(青春新書プレイブックス刊)ほか著書多数。

撮影=砂原 文 編集協力=宇野津陽子


LINEお友だち追加バナー

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧