毎日ピカピカのお風呂に入りたいですが、浴室の掃除はちょっと苦手。「よし、やろう!!」と思ってからでないと、なかなか取りかかれないんです。カビが生えてしまうとますますやるのが大変に…。

そこで、入浴ついでに出来る掃除習慣でキレイをキープすることにしました。まずは「入浴中に出来るついで掃除」からチャレンジ。

シャンプーなどのボトルや石けんを置くトレーは、底がすぐにぬめりがち。さっと洗い流して、目立つ汚れは軽くこすり洗いします。

ヌメヌメとさようなら!「入浴ついで」にできる簡単な防カビ習慣とは 画像(2/3) 【写真を見る】しつこい汚れは軽く手でこすり洗い

洗い終わったボトル類はくっついていると湿気が溜まりやすいので、3㎝くらいあけておくのがいいんですって。これだけで通気が良くてヌメリが軽減!!

ヌメヌメとさようなら!「入浴ついで」にできる簡単な防カビ習慣とは 画像(3/3) ボトルどうしや壁との間は3cmほどあけておきましょう

次に、カビが発生しやすい床の四隅をささっとこすり洗いしてお湯で流します。

ヌメヌメとさようなら!「入浴ついで」にできる簡単な防カビ習慣とは 画像(6/3)  

どちらも入浴中にさっと洗うだけなので、とても簡単。子供との入浴が多いので、子供が湯船につかっている時やシャワー待ちをしているすきま時間に出来て良かったです。毎日の入浴のちょっとした習慣で、カビ予防したいと思います。