1玉食べても糖質は白米1杯分より少ない!?「キャベツ」がダイエットにおススメなワケ

#やってみた 

痩せたいけど、食欲が止められない… そんな悩みをお持ちのかたは「キャベツ」を使ってダイエットをしてみませんか? キャベツをかさ増しに使うので、炭水化物の量を減らしても満足感があり、摂取カロリーをセーブできます。続けることで美肌効果も期待できるので、女性にピッタリ!

糖質量は白米1杯分未満!「キャベツ」をおいしく食べてダイエット


『安うま食材ダイエット!Vol.5 キャベツで糖質オフ』(レタスクラブMOOK)から、ダイエットにキャベツをおすすめする理由をご紹介します。

◇ ◇ ◇

まるまる1個食べても糖質は白米1杯より少ない


キャベツは、比較的、糖質量の多い野菜です。しかし、1個でも糖質量は34.0g。茶碗1杯分の白米130gの糖質量47.8gを下回ります。糖質は気にせず、ダイエットに活用しましょう。ご飯やパスタのかさ増しに使うことで、見た目の量が増え、炭水化物が少なめでも満足感が得られます。

キャベツの葉1.5枚で、1日の野菜不足分をカバー


健康のために必要な野菜の摂取量は成人で1 日に350g 以上。それに対し、日本人の平均摂取量は250 ~ 280g といわれます。足りない70g はキャベツの葉1.5 枚(1枚50g)で補えます。ただし、キャベツは淡色野菜。にんじんなどの緑黄色野菜を組み合わせることで、栄養のバランスが整います。

ビタミンCの働きで美肌効果が期待できる


さまざまな栄養成分をバランスよく含む中、ビタミンCの割合は高めです。その効果とはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを生成する肌の線維芽細胞の活発化。キャベツを食べることで、肌のハリや潤い効果が期待できます。水溶性のビタミンCのため、生か炒めもの、もしくはスープで。

カリウムと食物繊維ですっきりボディに


キャベツにはナトリウム(塩分)の排出を促し、むくみを取るカリウムも含まれます。さらには食物繊維の働きで、お通じが改善。それによって体内にたまった老廃物もすっきりと排出できます。消化を促すビタミンUもキャベツの特徴的な成分ですが、加熱に弱いため、生で食べるのがおすすめ。

がん予防に役立つイソチオシアネート


キャベツは大根と同じアブラナ科の野菜。特有の辛み成分には、イソチオシアネートという一部のがんの予防に役立つとされる成分が含まれます。ほかの栄養成分と異なり、とらないと健康を損ねるというものではありませんが、健康のためには積極的に摂取したほうがよさそうです。

キャベツの種類と栄養


キャベツは季節によって、さまざまな種類が出回ります。

見た目や味だけでなく、実は栄養的にも違いがあります。

【冬キャベツ】

冬キャベツ


このページで紹介した栄養成分のほかに、骨密度を高めるとされるビタミンK も含みます。こまめにとって、丈夫な骨作りを。

【春キャベツ】

春キャベツ


葉の緑が濃いぶん肌を強くするβ - カロテンが豊富。うまみ成分のグルタミン酸も多く含むため、甘さを楽しめるキャベツです。

【芽キャベツ】

芽キャベツ


味が濃厚な芽キャベツは栄養成分も凝縮。食物繊維は、ごぼうに匹敵する多さです。切らないことで、ビタミンの流出をストップ。

【紫キャベツ】

紫キャベツ


紫の色素は目によいとされるアントシアニン。ビタミンC、食物繊維もほかのキャベツより多く含みます。非加熱調理で栄養摂取を。

この記事に共感したら

レタスクラブニュース編集部

レタスクラブニュース編集部

「毎日のくらしに、ちょっといいこと」。プロの料理家のレシピを中心... もっと見る

Information

監修/牧野直子(管理栄養士、料理研究家)

▼『安うま食材ダイエット!Vol.5キャベツで糖質オフ』記事一覧はこちら▼


雑誌情報はこちら



▼『安うま食材ダイエット!vol.5 キャベツで糖質オフ(13)』情報はこちらから▼

▼楽天ブックスで購入▼

レタスクラブムック大好評の安うま食材ダイエットシリーズ!お手頃価格で買うことができるキャベツは、まるまるひと玉食べても、ご飯一膳(150g)の糖質量55.2gよりぐっと低いんです。低カロリーなのに満腹感が得られ、食物繊維で腸内環境を改善して健康的にダイエットをしてみませんか。本書では、糖質量1食10g以下の、おいしく食べてやせられるキャベツメニューを集めました。




おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧