6分以内に作れるからお弁当にも!めんつゆを使った時短副菜レシピ5選 画像(1/2) 「しめじと春菊の黒ごまあえ」 レタスクラブニュースより

忙しい時でも作れるようにと様々な時短料理が出ていますが、みなさん「めんつゆ」を便利に使っていますか? 「めんつゆ」なら味も決まりやすいので、時短レシピでとことん活用してみましょう。今回は6分以内で作れる、めんつゆを使った時短副菜レシピ5選をご紹介。バタバタしがちな朝のお弁当作りにもピッタリですよ。

【しめじと春菊の黒ごまあえ】(1人分104Kcal、塩分1.0g、調理時間5分)

<材料・2人分>春菊 3株(約50g)、しめじ 1パック(約100g)、あえごろも(黒すりごま 大さじ2と1/2、砂糖・めんつゆ(3倍濃縮) 各大さじ1、練りがらし 小さじ1/2)

<作り方>

1. 春菊は葉を摘む。しめじは小房に分ける。フライパンに油をひかずにしめじを入れて火にかけ、しんなりするまで炒める。ペーパータオルに広げて粗熱をとる。

2. あえごろもの材料をボウルに入れて混ぜ合わせ、1を加えてさっとあえる。

一言でめんつゆと言っても様々な種類があります。そのまま使える「ストレートタイプ」や、水やお湯で薄めて利用する「濃縮タイプ」などがありますが、調味料として使う場合には、少量でも味付けができる「濃縮タイプ」がオススメです。


【糸こんにゃくとえのきの七味炒め】

糸こんにゃくのプリプリ感と、えのきの柔らか食感が同時に楽しめる一品。七味でピリ辛に仕上げて。

6分以内に作れるからお弁当にも!めんつゆを使った時短副菜レシピ5選 画像(3/2) 「糸こんにゃくとえのきの七味炒め」 レタスクラブニュースより

【ほうれん草の梅のりあえ】

定番のほうれん草のおひたしも、梅干しと焼きのりを加えるだけでいつもと違う味わいに。


【玉ねぎと油揚げの卵とじ】

材料を卵でとじるだけのお手軽料理。油揚げを使ってボリュームアップ。


【長いもの青のり焼き】

長いもをめんつゆで煮るだけ。最後に青のりを加えることで、お弁当の彩り担当に変身!

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】