食欲がない日におすすめ! 酸みがきいたとりの南蛮漬け5選

#食 

とり肉とれんこんの南蛮漬け

とり肉を色よく揚げたら、南蛮だれが入ったボウルに加えてあえます。熱いうちにたれとからめることで、味がよくなじむはず。

【画像を見る】甘酸っぱいたれがからんだ「とり肉とれんこんの南蛮漬け」

とりの南蛮漬け

とりむね肉は薄くそぎ切りにすることでやわらかい食感に。うまみが逃げないように、ころもをしっかりからめてから揚げましょう。

「とりの南蛮漬け」

とり手羽先とトマトの南蛮漬け

手羽先は下味をつけたあと、魚焼きグリルで焼いていくのがポイント。焼き上がった手羽先は熱いうちに漬け汁に漬け込むことで、味がしっかりなじみます。

「とり手羽先とトマトの南蛮漬け」

とりのヘルシー南蛮漬け

小麦粉を薄くまぶしたとり肉を耐熱皿に並べ、その上にれんこんを置きます。肉どうしがあまりくっつかないようにして、電子レンジで加熱しましょう。

「とりのヘルシー南蛮漬け」

南蛮漬けとは、揚げた肉や魚を甘酢にからめた料理のこと。比較的日持ちするので、作りおきとして活用してみるのもいいかもしれませんね。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //