オシャレなデリ風おかずが完成♪ ツナ缶+野菜のおそうざい5選

#食 
「白あえ詰めトマトのジュレがけ」

ツナ缶は長期保存できるうえ、いろいろなメニューに応用がきく便利な食材。料理に加えるだけで、簡単にコクやうまみをプラスできます。今回はそんなツナ缶と野菜を合わせたおかず5選をご紹介。自宅にある材料で、オシャレなデリ風のおそうざいを作っちゃいましょう♪

白あえ詰めトマトのジュレがけ

【材料・作りやすい分量・4人分】
ツナ缶 小1缶(約70g)、絹ごし豆腐 1/2丁(約150g)、トマト 4個、冷凍枝豆 120g(正味60g)、粉ゼラチン 5g、だし汁 1カップ、うす口しょうゆ(またはしょうゆ) 大さじ1、みりん、しょうゆ、粗びき黒こしょう
【作り方】
1. 鍋に湯を沸かし、トマトをまるごと入れる。皮がはじけたら、氷水にとってしばらくおき、そっと皮をむく。包丁の先でトマトの中身に一周、ぐるりと切り目を入れ、スプーンで中身を形がくずれないようにやさしくくりぬく。中身は粗く刻む。
2. ゼラチンは水大さじ1と1/2にふり入れてふやかす。豆腐はペーパータオルに包み、軽く水きりする。枝豆は解凍してさやから出す。
3. 鍋の湯を捨て、1のトマトの中身とだし汁、うす口しょうゆ、みりん大さじ1を入れ、中火にかける。煮立ったら2のゼラチンを加え、溶かし混ぜる。くりぬいた中身はトマトジュレにしてむだなく使う。
4. ボウルに3を流し入れ、底を氷水に当てて冷やし固める。
5. 別のボウルにツナを缶汁をきって、枝豆とともに入れる。2の豆腐をくずしながら加え、しょうゆ、みりん各小さじ1を加えて混ぜ合わせる。
6. 1のくりぬいたトマトに5を詰め、口を下にして器に盛る。4をスプーンですくってかけ、こしょう少々をふる。トマトをくりぬいて、中に白あえを詰める驚きの演出をする。
(142Kcal、塩分1.2g)
トマトの中に枝豆とツナの白あえを詰めた、華やかな見た目の一品。トマトは包丁で切り目を入れたあと、形がくずれないようにスプーンでやさしくくりぬきましょう。中身は調味料と一緒に加熱して、トマトジュレとして使用します。

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
白あえ詰めトマトのジュレがけ
ひじきとツナの和風マリネ
ニース風ツナドレサラダ
コブサラダ
豆と野菜のマリネ

ほかにもいっぱい!「野菜のマリネ」のレシピ

■おうちキャンプ特集はこちらをチェック!

おうちキャンプで家にいながらアウトドア気分を味わおう!



■夏バテ解消レシピ特集はこちらをチェック!

おいしく食べて、真夏の暑さを乗り切ろう!




おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //