主食級の食べごたえ! うまみを吸い込んだ麺&はるさめの絶品炒め【ボリューム炒めが夏を救う(4)】

#食 

肉×野菜のシンプルな炒めものもいいけれど、たまには麺やはるさめを投入してみましょう。
麺類がうまみをたっぷり吸って、おいしさも食べごたえもパワーアップ! 主食感覚で楽しめますよ。

「ボリューム炒めが夏を救う」連載第4回目は、そうめんやはるさめを入れた炒めものをお届けします。

ツナとザーサイのそうめんチャンプルー

ザーサイの塩けがアクセント! 味つけはしょうゆだけのシンプルさも魅力

味つけはしょうゆだけ!「ツナとザーサイのそうめんチャンプルー」

[ 材料・2人分 ]*1人分516kcal/塩分3.5g
・ツナ缶 ...2缶 (約140g)
・にら ...1わ〈6㎝長さに切る〉
・ザーサイ (味つき) ...50g〈細切りにする〉
・そうめん ...3束 (約150g)
・ごま油
・しょうゆ

[ 下準備 ]
・そうめんは袋の表示どおりにゆでて流水で洗い、水けをきる。
・ツナは缶汁をきる。

[ 作り方 ]
1. フライパンにごま油大さじ1を中火で熱し、にら、そうめん、ツナ、ザーサイの順に重ねる。強めの中火にし、そのまま約3分焼く。

 主食級の食べごたえ! うまみを吸い込んだ麺&はるさめの絶品炒め


2. 木べらでざっと上下を返し、約1分炒める。中央をあけてしょうゆ小さじ1と1/2を入れ、軽く煮立てたら、そうめんを加える。ほぐしながら1~2分炒めて味をからめる。


次ページ:肉と野菜のうまみたっぷりチャプチェ風(2/2)

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
ツナとザーサイのそうめんチャンプルー
牛肉とにんじんのチャプチェ風炒め

調理/小田真規子 撮影/澤木央子 スタイリング/しのざきたかこ 栄養計算/スタジオ食 編集協力/田久晶子 デザイン/monostore



雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’20 8月号』情報はこちらから▼

夏、疲れないラクごはん!/ボリューム炒めが夏を救う!/私が疲れない!夏の昼ごはん BOOK/世界一美味しい手抜きごはん(ダイジェスト版)




おすすめ読みもの(PR)