和食の定番「ひじき」を大胆アレンジ! 新感覚の洋風ひじき5選

#食 
「ひじきとハムのマスタード炒め」

ひじきといえば、和食の副菜というイメージを持っている人が多いはず。ですが実は、洋風の味つけとも相性抜群なんです。そこで今回は、いつもと違った味わいを楽しめる洋風ひじき5選をご紹介。洋食のメインディッシュを作るとき、つけ合わせとして用意してみてはいかがでしょう?

ひじきとハムのマスタード炒め

【材料・2人分】
ひじき(乾燥) 10g、ロースハム 3枚、長ねぎ(青い部分を含む) 1/4本、酒 大さじ1、粒マスタード 小さじ2、しょうゆ、オリーブ油 各小さじ1
【作り方】
1. ひじきはたっぷりの水に約15分つけてもどす。ざるにあけて水洗いし、水けをよくきる。長ねぎは縦半分に切ってから斜め薄切りにする。ロースハムは半分に切ってから1cm幅に切る。
2. フライパンに1を入れ、酒大さじ1、粒マスタード小さじ2、しょうゆ、オリーブ油各小さじ1を加え、中火にかけてさっと炒める。
(106Kcal、塩分1.5g)
食材を下ごしらえしたら、中火にかけて手早く炒めるのが調理のコツ。しょうゆとマスタードを合わせることで、和洋折衷の味わいに。洋食はもちろん、和食の副菜としても活躍してくれる万能感たっぷりな炒めものです。

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
ひじきとハムのマスタード炒め
ひじきとベーコンのレンジ蒸し
しめじとひじきの洋風炒め
ひじきとちくわのマリネ
洋風ひじき煮

ほかにもいろいろ!「ひじきの煮物」のレシピ

■夏バテ解消レシピ特集はこちらをチェック!

おいしく食べて、真夏の暑さを乗り切ろう!




おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //