爽やかな甘み&酸味がアクセント。プロが教えるレーズンの意外な使い方!

#食 
「ピラフ風ご飯」

1粒1粒にうまみがギュッと詰まったレーズン。そのままはもちろん、パンやお菓子に入れてもおいしいですよね。でも料理に取り入れている人は案外少ないんじゃないでしょうか? レーズンの甘みと酸味は、調味料として楽しむこともできるんです。そこで今回は、レーズンを使ったプロの料理をご紹介。ごはんに混ぜたり、パスタに加えたり…レーズンの魅力を再発見できますよ!


ピラフ風ご飯

【材料・作りやすい分量3〜4人分】
ウインナソーセージ…6本、サラミ…40g、玉ねぎのみじん切り…1/4個分、レーズン…大さじ3〜4、ミニトマト…10個、パセリのみじん切り…適宜、米…2合、ブイヨン(顆粒スープの素…小さじ1と1/2、水…2カップ)、バター、塩、こしょう

【作り方】
1.米は洗ってざるにあけ、直径25cmの土鍋に入れる。ブイヨンを加えて約30分浸水させる。

2.ソーセージは長さを3等分に切り、サラミは薄切りにし、1にのせる。玉ねぎ、レーズンものせてふたをし、強火にかける。吹いてきたら弱火にして10分炊き、火を止めてそのまま10分蒸らす。

3.ミニトマトは縦半分に切り、パセリ、バター大さじ1、塩、こしょう各適宜とともに加えてざっと混ぜる。
(1人分470kcal 、塩分1.9g)

具材を切って乗せるだけの簡単炊き込みご飯。ソーセージ&サラミの塩気とレーズンの甘みが絶妙なおいしさ!

次ページ:爽やかな甘み&酸味がアクセント。プロが教えるレーズンの意外な使い方!の続きはこちら(2/2)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //