魚が苦手でも食べやすい! カリッとおいしい魚の揚げもの5選 画像(1/5) 「さわらのさっくりチーズフライ」 レタスクラブニュースより
「さわらのさっくりチーズフライ」 レタスクラブニュースより

調理:伊藤朗子 撮影:千葉充

お肉に比べると、すこ~しばかり人気の低いお魚。特に魚が苦手という子どもも多いので、献立を考える時には苦労しますよね。そんな時はお刺身や煮つけではなく、揚げものにしてみましょう。小ぶりの揚げものなら食べる時に骨を避ける必要がありませんし、魚の臭みを消しやすいのでおすすめ。今回は魚が苦手でも食べられる揚げもの5選をご紹介します。

【さわらのさっくりチーズフライ】(1人分308Kcal、塩分1.0g、調理時間25分)

<材料・2人分>さわら 2切れ、ベビーリーフ 1袋、レモンのくし形切り 2切れ、小麦粉液(粉チーズ、小麦粉 各大さじ1と1/2、こしょう 少々、水 大さじ3)、塩、小麦粉、パン粉、サラダ油

<作り方>

1. さわらは半分に切り、塩小さじ1/4をふって約10分おく。ペーパータオルで水けを拭き、小麦粉を薄くまぶす。バットに小麦粉液の材料を入れて混ぜ、さわらにまんべんなくつけ、パン粉適量をつける。

粉チーズ入りの小麦粉液をさわらの全面につける。チーズ味がつくので、食べるときはソース不要。

2. フライパンに油を2cm深さまで入れて中温(約170℃)に熱し、1を入れる。途中上下を返し、両面こんがりと色づくまで約6分揚げる。取り出して、油をきる。

3. 器に盛り、ベビーリーフ、レモンを添える。

お肉のから揚げと同じように、お魚の揚げものも味付けやたれで工夫してみるのがポイント。塩・こしょうでシンプルに味付けした後に、レモンやソースでシンプルに食べてみたり、おだしやカレー粉で下味をつけてからそのまま食べてみても良いですね。また、梅干しや大根おろし、ポン酢などといっしょに食べれば、脂っこくなりがちな揚げ物をさっぱりと食べることができますよ。


【鯛の梅おろしのせ】

たたいた梅干しを入れた大根おろしを揚げものにオン。青じそも一緒に使って和風な揚げものにしてみましょう。

魚が苦手でも食べやすい! カリッとおいしい魚の揚げもの5選 画像(3/5) 「鯛の梅おろしのせ」 レタスクラブニュースより
「鯛の梅おろしのせ」 レタスクラブニュースより

調理:林幸子 撮影:今清水隆宏


【ぶりとカリフラワーのカレーフライ】

サクッと軽い食感の、目先の変わった揚げものです。カレー粉で下味をつけているので、そのままで食べても、ソースをつけて食べてもOK。

魚が苦手でも食べやすい! カリッとおいしい魚の揚げもの5選 画像(6/5) 「ぶりとカリフラワーのカレーフライ」 レタスクラブニュースより
「ぶりとカリフラワーのカレーフライ」 レタスクラブニュースより

調理:中島有香 撮影:岡本真直


【たらのパセリフリット】

パセリの風味が口に広がるたらのフリット。たらこマヨソースをつければコクが増しますよ。

魚が苦手でも食べやすい! カリッとおいしい魚の揚げもの5選 画像(10/5) 「たらのパセリフリット」 レタスクラブニュースより
「たらのパセリフリット」 レタスクラブニュースより

調理:堤人美 撮影:福岡拓


【さばの立田揚げ】

立田揚げは小さくカットすれば、短時間でも下味がしっかりと定着します。おつまみにもぴったり。

魚が苦手でも食べやすい! カリッとおいしい魚の揚げもの5選 画像(15/5) 「さばの立田揚げ」 レタスクラブニュースより
「さばの立田揚げ」 レタスクラブニュースより

調理:石垣孝子 撮影:福岡拓


お弁当のおかずにもぴったりな魚の揚げもの。たまには、いつもの「とりのから揚げ」の代わりに作ってみてはいかが?

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】