きのこ&野菜でかさ増し! ダイエット献立に取り入れたい豚こまおかず

#食 
肉から出た脂で炒めた香り豊かな一品「豚こまとまいたけのジンジャーオイスター炒め」

ダイエットで一番大切なのは「続けること」。でもこれが難しいんですよね...。
そこで提案したいのが、決まった比率を守って盛りつけるだけでダイエット献立が実現する「黄金比ごはん」。簡単に実践できるから、きっと成功するはずです!

「やせる黄金比ごはん」今回は、黄金比ごはんのメインおかずにおすすめの、豚こまを使ったレシピをご紹介します。

*  *  *

▶︎教えてくれたのは...
牧野直子さん

牧野直子さん:管理栄養士、料理研究家。テレビや雑誌など多方面で活躍。健康的で無理なく続けられるダイエットを提唱。ダイエットに役立つ、簡単でおいしい料理を提案している。

管理栄養士、料理研究家。テレビや雑誌など多方面で活躍。健康的で無理なく続けられるダイエットを提唱。ダイエットに役立つ、簡単でおいしい料理を提案している。

まずは、黄金比ごはんの基本をおさらいしておきましょう!

「メインおかず:サブおかず:ご飯」=「1:2:3」

「メインおかず:サブおかず:ご飯」を「1:2:3」の比率で盛り付けて

直径24cmのプレートを用意。メインおかず、サブおかず、ご飯を以下の【1】から【3】を目安に「1:2:3」の比率を守って盛りつけます。それぞれのおかずについては、以下のポイントを守りましょう。

【1】メインおかず
肉、魚は1食80gまで
メインおかずは、250kcal前後までに抑えたいもの。もの足りない場合は、食感が似ているきのこをプラスすると、ローカロリーでも食べごたえがアップ。

【2】サブおかず
野菜は両手のひら1杯分以上
野菜はローカロリーなので、多くても大丈夫。野菜をたっぷり取り入れて、100~150kcalのおかずに。メインと違う味つけにすると献立が充実します。

【3】ご飯
茶碗1杯分 (約130g)
ご飯は、脳と体を動かすエネルギー源となるので、ダイエット中もこれくらいはとりたいもの (約250kcal) 。もち麦などを混ぜて炊くと、栄養価が増し、カロリーもダウン。

ダイエット中でも、ご飯やメインおかずがしっかり食べられるなんて! これなら無理せず続けられそうですね。

次ページ:メインおかずが物足りないときはきのこや野菜でカバー!(2/2)

この記事に共感したら

Information


レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!





雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’21 6月号』情報はこちらから▼

続けられるダイエットレシピ満載!別冊付録は『はじめてのやせ筋トレ』/考えずにやせ献立が続く!1:2:3の黄金比ごはん/食べ過ぎた日の糖質オフ麺/私たちが老けずにやせるにはプロテインが必要でした!!/かのまん流 運動嫌いのためのおうちエクササイズ/2021レタスクラブ殿堂入り時短コスメ大賞/サーキュレーターの新お作法/コロナ新時代のやせる習慣/ちょっ子さん 癒しのコーヒータイム/立木先生!2021年下半期開運方法を教えて〜!/【とじこみ付録】人気YouTuber竹脇まりなさんと一緒にやせダンス!/とりむね・ささ身の最強レシピ/【別冊付録】『はじめてのやせ筋トレ』/【毎号付録】買い物メモ付き!1カ月分の献立カレンダーBOOK


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //