ワンプレートでラクちん♪ 「やせる黄金比バランス」をお試しあれ!

#食 
ダイエット中でもカレーが食べられるなんて♪「チキンとパプリカのスープカレー」

ダイエット中はいろいろなものをバランスよく食べるのが大切。なんて、わかってはいるものの、あれこれ作るのはたいへん。ワンプレートですませられたら、ラクちんですよね。

そこで、「やせる黄金比ごはん」今回は、やせる「黄金比バランス」を生かしたワンプレートごはん。比率に気をつければ、人気メニューもやせるごはんに大変身ですよ!

*  *  *

▶︎教えてくれたのは...
牧野直子さん

牧野直子さん:管理栄養士、料理研究家。テレビや雑誌など多方面で活躍。健康的で無理なく続けられるダイエットを提唱。ダイエットに役立つ、簡単でおいしい料理を提案している。

管理栄養士、料理研究家。テレビや雑誌など多方面で活躍。健康的で無理なく続けられるダイエットを提唱。ダイエットに役立つ、簡単でおいしい料理を提案している。

まずは、黄金比の基本をおさらいしておきましょう。

「メインおかず:サブおかず:ご飯」=「1:2:3」

直径24cmのプレートに「メインおかず:サブおかず:ご飯」を「1:2:3」の比率で盛ると、エネルギーの合計はほぼ600kcalに。

直径24cmのプレートを用意。メインおかず、サブおかず、ご飯を以下の【1】から【3】を目安に「1:2:3」の比率を守って盛りつけます。それぞれのおかずについては、以下のポイントを守りましょう。

【1】メインおかず
肉、魚は1食80gまで
メインおかずは、250kcal前後までに抑えたいもの。もの足りない場合は、食感が似ているきのこをプラスすると、ローカロリーでも食べごたえがアップ。

【2】サブおかず
野菜は両手のひら1杯分以上
野菜はローカロリーなので、多くても大丈夫。野菜をたっぷり取り入れて、100~150kcalのおかずに。メインと違う味つけにすると献立が充実します。

【3】ご飯
茶碗1杯分 (約130g)
ご飯は、脳と体を動かすエネルギー源となるので、ダイエット中もこれくらいはとりたいもの (約250kcal) 。もち麦などを混ぜて炊くと、栄養価が増し、カロリーもダウン。

それではさっそく、黄金比バランスのワンプレートごはんを作ってみましょう!

次ページ:タコライスもカレーも、黄金比バランスならやせメニューに!(2/2)

この記事に共感したら

Information


レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!





雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’21 6月号』情報はこちらから▼

続けられるダイエットレシピ満載!別冊付録は『はじめてのやせ筋トレ』/考えずにやせ献立が続く!1:2:3の黄金比ごはん/食べ過ぎた日の糖質オフ麺/私たちが老けずにやせるにはプロテインが必要でした!!/かのまん流 運動嫌いのためのおうちエクササイズ/2021レタスクラブ殿堂入り時短コスメ大賞/サーキュレーターの新お作法/コロナ新時代のやせる習慣/ちょっ子さん 癒しのコーヒータイム/立木先生!2021年下半期開運方法を教えて〜!/【とじこみ付録】人気YouTuber竹脇まりなさんと一緒にやせダンス!/とりむね・ささ身の最強レシピ/【別冊付録】『はじめてのやせ筋トレ』/【毎号付録】買い物メモ付き!1カ月分の献立カレンダーBOOK


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //