暑さで食欲が減退したときは…さらっと食べられる冷や汁でパワーチャージを

#食 
「おうち冷や汁」

魚のすり身にみそやごまを混ぜてだし汁でのばし、きゅうりや豆腐、薬味などを加えてごはんにかけていただく宮崎県の郷土料理「冷や汁」。お茶漬けのようにさらっと食べられるのに、野菜もたんぱく質もしっかりとれて栄養は満点。夏バテ気味の時でも、無理なく食べられるのが魅力です。今回はそんな冷や汁のバリエを5つご紹介。サクッと作れる時短レシピも要チェック!

おうち冷や汁

【材料・2~3人分】
あじの干もの…大1枚、もめん豆腐…大1/2丁(約200g)、きゅうり…1本、みょうが…2個、青じそ…5枚、だし汁…2と1/2カップ、白すりごま…大さじ1、塩、みそ

【下ごしらえ】
1.きゅうりは薄い小口切りにし、塩適宜をふる。みょうがは縦半分に切 って小口に、しそはせん切りにする。

2.豆腐はしっかり水きりをする。だし汁は冷やしておく。

【作り方】
1.あじは魚焼きグリルでこんがり焼き、頭、骨、尾、皮を除いて身を細かくほぐす。できるだけ、小骨はしっかり取って。

2.すり鉢にほぐした身を入れ、ポロポロになるまで、よくすり混ぜる。

3.すりごまとみそ大さじ2を加え、ポロポロのあじの身と、みそをのばすように混ぜながら、さらによくすり混ぜる

4.やしただし汁を、少しずつ加えながら、なめらかになるまでよく溶き混ぜる。

5.豆腐を手で小さめにちぎって入れ、きゅうり、みょうがを散らし、しそを中央に盛る。好みでさらにすりごまをふっても。
(1人分152kcal、塩分2.6g)

あじの干物を使った定番レシピ。魚とみそ、ごまのうまみが加わっただし汁が、奥深い味わいです。みそは家にあるものでOK。

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!


ほかにもいろいろ!「冷や汁」のレシピ

■夏バテ解消!夏休みのお昼ごはん特集はこちら



手軽に作れるお昼ごはんレシピ♪ おいしく食べて夏を元気に!




■我慢しないダイエット特集はこちら



これも食べていいの?と目からウロコのダイエットレシピ集めました!




■サッと作れて食べやすい!夏の麺特集はこちら



忙しい日もや食欲のない時も、手軽に作れる夏の麺レシピをご紹介!













おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //