【簡単お弁当レシピ】朝起きて5分で完成!?「かじきの竜田揚げ弁当」 画像(1/3) カラリとこうばしく、揚げ焼きにして
カラリとこうばしく、揚げ焼きにして

調理=ヤミー 撮影=澤木央子

春眠暁を覚えず……とはよくいったものですが、万が一、平日に寝過ごしてしまってもあわてることはありません。「かじきの竜田揚げ弁当」のレシピさえ覚えておけば、無問題。朝は前の晩に下準備しておいた食材を加熱するだけなので、起きてから5分もあれば完成します。下準備だって、かじきを切ってたれと絡めるだけだから超簡単。同じ漬けだれで、鶏肉やさば、ぶりなど食材を変えれば飽きることもありません。もしものときに、覚えておくと便利なレシピです。


【かじきの竜田揚げ弁当】(1人分490Kcal、塩分1.0g、調理時間5分)


<材料>(1人分)

かじき1切れ(約80g)、長ねぎ10cm、ししとうがらし3本、温かいご飯茶碗1杯分、和風だれ(しょうゆ小さじ3、砂糖小さじ2、みりん小さじ1)、片栗粉、サラダ油


<下ごしらえ>

かじきは3~4等分のそぎ切りにする。保存用密閉袋に和風だれと一緒に入れてもみ込み、冷蔵室で一晩漬ける。


<作り方>

(1)ねぎは長さを半分に切り、ししとうは縦に1本切り目を入れる。

(2)下準備した袋の汁けをきり、片栗粉大さじ2を入れる。かじき全体に軽くまぶす。

【簡単お弁当レシピ】朝起きて5分で完成!?「かじきの竜田揚げ弁当」 画像(4/3) 和風だれをきり、袋に片栗粉を直接入れ、かじき全体にまぶす。表面に粉っぽさが残る程度を目安に
和風だれをきり、袋に片栗粉を直接入れ、かじき全体にまぶす。表面に粉っぽさが残る程度を目安に

調理=ヤミー 撮影=澤木央子


(3)フライパンに油大さじ2を熱し、1、2を並べ入れて揚げ焼きにする。焼き色がついたら上下を返して同様に焼き、ペーパータオルに取り出し、油をきる。

(4)弁当箱にご飯を詰め、3をのせる。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】