煮汁たっぷり味しみ「肉じゃが」をレンジで作るコツ、知ってる?

#食 
「肉じゃが」

時間のかかる煮物も、レンジで作れば簡単! 火を使うとキッチンから離れられなくなりますが、レンジを使えば加熱している間は手があくので、あと1品作ったり、家事を済ませてしまったり、とほかの作業ができるのもうれしいですよね。家庭料理の大定番といえる「肉じゃが」をレンジで作るコツは、食材にかぶるくらいまで煮汁をたっぷり入れること。火を通しすぎると固くなる肉は、後から加えます。レンジで作ると煮汁が濁らないのもメリット。味がじっくりしみ込んだ肉じゃがを食べれば、思わず笑顔に♪

肉じゃが

【材料・4人分】
牛こま切れ肉…300g、じゃがいも…3個、にんじん…1/2本、玉ねぎ…1個、絹さや…12枚、しらたき…1/2玉、合わせ調味料(だし汁…2カップ、しょうゆ…大さじ5、砂糖…大さじ4、酒…大さじ3)

【作り方】
1.じゃがいもは4〜6つに切り、水に約5分さらす。にんじんは一口大の乱切りにする。玉ねぎは縦半分に切り、繊維に直角に1cm幅に切る。絹さやは筋を取り除く。しらたきはざく切りにする。

2.耐熱ボウルに合わせ調味料の材料を混ぜ合わせる。絹さやを除く1を入れ、ふんわりとラップをかけて、じゃがいもとにんじんに竹串がスーッと通るくらいまで、電子レンジ(500W)で約10分加熱する。

3.牛肉を加えて混ぜ、ふんわりとラップをかけて、電子レンジでさらに約10分加熱する。取り出して、絹さやを加え、軽く混ぜて、ラップをかけて約2分おき、余熱で火を通す。
(1人分402kcal、塩分2.9g 調理/村田裕子 栄養計算/スタジオ食)

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

いろいな種類があるじゃがいも。ほくほくに仕上げるなら「だんしゃく(男爵)」、見た目をきれいにみせたいなら煮くずれしにくい「メークイン」がおすすめです。選び方は「だんしゃく(男爵)」は丸く大型のもの、「メークイン」は長卵形のものを。芽の部分には有毒物質が含まれているので、ていねいに取り除きましょう。

文=齋藤久美子

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!


ほかにもいろいろ!「レンチンで完成」のレシピ

■プチ贅沢したいときのおつまみ特集はこちら


“ちょっといいお酒、ちょっと特別なイベントがあるときにぴったりな簡単&おいしいレシピ”

■毎日食べたい鍋特集はこちら


“体ぽかぽか、栄養満点!好みに合わせて選べる鍋レシピいろいろ”






おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //