覚えておきたいラクラク調理!野菜たっぷり重ね蒸しレシピ 画像(1/3) ひき肉にカレー粉で風味をプラス
ひき肉にカレー粉で風味をプラス

調理=重信初江 撮影=宗田育子

時間がないときやお疲れぎみのときにうれしい「重ね蒸し」調理。白菜などがおなじみですが、いろんな野菜&食材を使ったレシピを覚えておくとレパートリーも広がりますよ。

野菜をしっかり&たっぷりとりたいときにもおすすめの2レシピをご紹介。レンジでチンしている間に汁物を用意すれば、夕飯準備がラクラク終了です。


レタスをまるまる1個食べられる!「とりとレタスの重ね蒸し」

<材料・2人分>肉だね(とりひき肉200g、溶き卵1個分、パン粉大さじ2、酒大さじ1、塩小さじ2/3、カレー粉小さじ1/2、こしょう少々)、レタス大1個

<作り方>

1.ボウルに肉だねの材料を入れ、よく練り混ぜる。レタスは大きめにちぎる。

2.直径約16cmの耐熱ボウルにレタスの1/4量を入れ、上に肉だねの1/3量を広げてのせる。これを繰り返し、最後にレタスを重ねる。ふんわりとラップをかけ、電子レンジで約6分加熱する。

3.そのまま3~4分おいて、余熱で火を通す。ラップをはずし、ボウルを傾けて汁けを除き、汁はとりおく。ボウルを逆さにして重ね蒸しを取り出し、食べやすい大きさに切る。器に盛り、とりおいた汁を適量かける。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1人分241kcal、塩分2.3g、調理時間20分)



トマトと牛肉のうまみがギュッ!「キャベ・トマ・ギュウの重ね蒸し」

覚えておきたいラクラク調理!野菜たっぷり重ね蒸しレシピ 画像(4/3) 意外な食材を重ねることで、新鮮なおいしさ発見!
意外な食材を重ねることで、新鮮なおいしさ発見!

調理=村田裕子 撮影=木村拓

<材料・2人分>牛すき焼き用肉200g、キャベツ3枚、トマト大2個、玉ねぎ1/4個、固形スープの素1個、白ワイン(または酒)大さじ3、小麦粉、塩、こしょう

<作り方>

1.キャベツは軸をずらして重ね、ラップで包む。電子レンジで約4分加熱し、軸を除く。トマトは1~1.5cm厚さの輪切り、玉ねぎは縦薄切りにする。スープの素は細かく刻む。

2.耐熱皿(直径約18cm)に、キャベツ1枚分と半分に切った1枚を皿の形に合わせて敷く。小麦粉を薄く茶こしでふり、牛肉の半量を広げて並べる。さらに小麦粉を薄くふり、塩、こしょう各少々をふる。

3.トマト、玉ねぎをのせ、小麦粉を薄くふり、スープの素の半量をふる。残りの牛肉を広げて並べ、小麦粉を薄くふり、塩、こしょう各少々をふる。最後に残りのキャベツをのせ、残りのスープの素をふり、ワインをかける。

4.ラップをふんわりとかけて、電子レンジで約7分加熱する。

5.取り出して、かけていたラップを落としぶたのようにキャベツに密着させ、1~2分落ち着かせる

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1人分412kcal、塩分1.6g)


あなたは今晩、どっちのレシピを選びますか?


【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】