親子クッキングはメリットがいっぱい! GWは人気の一皿を子どもと作ろう

#食 
「ミニハンバーグ」

連休中に時間があるなら、子どもと一緒に料理を作ってみてはいかが? 親子クッキングには、実はメリットがたくさん。いつも食べている料理が作られていく過程を知ることで、食材のことが学べるだけでなく、家族や食べ物への感謝の気持ちも芽生えます。また「自分で作った!」という達成感もあり、嫌いな野菜を食べるきっかけにもつながりそう。今回は子どもと一緒に作って楽しい人気のレシピをピックアップしました。

ミニハンバーグ

【材料・2人分】
ハンバーグだね(合いびき肉…200g、卵…1個、牛乳…1/4カップ、玉ねぎのみじん切り…1/4個(約70g)、パン粉…2/3カップ、塩・こしょう...各少々)、ベビーリーフ…適量、ソース(トマトケチャップ…70ml、中濃ソース…70ml、しょうゆ…小さじ1)、サラダ油、塩、こしょう

【作り方】
1.ハンバーグだねの材料をすべてボウルに入れる。粘りが出るまで手で練り混ぜる。

2.6等分にし、まん中を少しへこませた小判形に整える。

3.フライパンに油適量を熱し、2を少し離して入れる。こんがりと焼き色がついたら裏返す。ふたをして弱火にし、約2分焼く。

4.ハンバーグの中央がふくらみ、竹串を刺したときに透明な肉汁が出たら、器に盛ってソースの材料を混ぜてかける。ベビーリーフを添え、塩、こしょう各適量をふる。
(1人分436kcal、塩分3.7g 調理/瀬尾幸子 栄養計算/スタジオ食)

子どもの手でも成形しやすいミニサイズ。ひき肉をこねていくとだんだん粘りが出てくる感触も、ぜひ体験させてあげて。竹串を刺して透明な肉汁が出たら、全体に火が通っている合図。自分でイチから作ったハンバーグは、きっととびきりおいしいはず!

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!

ほかにもいろいろ! 子どもと一緒に作りたい「定番」のレシピ

▶忙しい毎日に!
レタスクラブYouTube公式チャンネルでラクレシピ動画をチェック!




■作りおき特集はこちら


明日のごはん作りがちょっとラクになるお役立ちレシピ

■時短レシピ特集はこちら


“プロの時短テクニックが効いたレシピで栄養たっぷりのごはんが手間なく簡単に作れる”





おすすめ読みもの(PR)