夏のさわやかサブおかずに! シャキふわ食感がくせになる「きゅうりの豆腐あえ」

#食   
シャキふわ食感がたまらない「きゅうりの豆腐あえ」

ひんやり冷やしたきゅうりのおかずは、暑い季節にうれしい副菜のひとつ。
どんどん作りたいけれど、きゅうりは足が早いので、たくさん買ってしなびさせてしまうのがちょっと心配...。
日持ちしてアレンジもできるきゅうりの作り置き、知りたいですよね!

「食材を余さず使い切る」今回は、「ひらひらきゅうりの塩もみ」と、簡単にできちゃうサブおかずレシピです。

*下ごしらえをした野菜の保存期間は目安です。清潔な保存容器や袋に入れて保存し、取り出すときも清潔な箸などを使ってください。

*  *  *

▶︎教えてくれたのは
髙山かづえさん

髙山かづえさん:料理研究家、ワインソムリエ。雑誌や書籍、広告などで活躍中。誰にでも作りやすく、日々の食事に取り入れやすい、センスが光るレシピが人気。

料理研究家、ワインソムリエ。雑誌や書籍、広告などで活躍中。誰にでも作りやすく、日々の食事に取り入れやすい、センスが光るレシピが人気。

ひらひらきゅうりの塩もみ

歯ざわりがよいので、あえものや麺のトッピングなどに

あえものや麺のトッピングに使える「ひらひらきゅうりの塩もみ」

[ 材料 (作りやすい分量) と作り方 ]
きゅうり4本は皮むき器で縦に薄く帯状に削りながらボウルに入れ、塩小さじ1をふって全体にからめる。約15分おき、水けを絞って保存容器に入れる。
*約1週間冷蔵保存OK

次ページ:豆腐とあわせて食感の妙を味わう「きゅうりの豆腐あえ」(2/2)

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ22年7月号より>


レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!



▼人気料理家・今井亮さんの「ピーマンの丸ごと蒸し焼き」はこちら!







雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 8月号』情報はこちらから▼

今号の料理特集は「夏ランチはぶっかけ麺&ご飯」!/加熱なし!ぶっかけ/レンチンで簡単!ぶっかけ/そうめんで栄養もしっかりとる!/レンジ下ごしらえのスゴ技/プロ&読者が選んだ冷凍食品/極上フローズンヨーグルト/キッチンの正しい拭き掃除/熱中症&夏バテを予防する簡単テク/離れて暮らす親の見守り方/人生がラクになる! 女性ホルモンのABC…ほか。献立の悩みから解放される!と話題の「献立カレンダーBOOK」/別冊付録「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本(ダイジェスト版)/とじこみ付録「まとめ仕込み」で時短なすBOOK/LETTUCE MEETSには北川景子さんが登場/オトナのNEWS連載はSpecial!/コミックエッセイも多数!レタスクラブ8月号をぜひお楽しみください。




おすすめ読みもの(PR)