うまみがしみしみ! 海鮮エキスをたっぷり吸ったはるさめ炒め5選

#食 
「たことキムチのはるさめ炒め」


はるさめはでんぷんを使った乾麺の一種。でんぷんから作られるので炭水化物が主な栄養素ですが、もどした時に水分が多く含まれるので、比較的低カロリーな食材です。今回は、はるさめ×シーフードの炒めもの5選をご紹介。海鮮エキスをたっぷりとはるさめに吸わせて、贅沢なうまみを堪能しましょう。

たことキムチのはるさめ炒め(1人分195Kcal、塩分2.5g、調理時間15分)


【材料・2人分】

ゆでだこの足 150g、白菜キムチの汁 大さじ1、はるさめ 20g、チンゲンサイ 2株、長ねぎ 1/2本、白菜キムチ 120g、サラダ油、酒、しょうゆ

【作り方】

1. たこは5mm厚さのそぎ切りにし、白菜キムチの汁をからめて約10分おく。はるさめは袋の表示よりもややかためにもどし、食べやすい長さに切る。チンゲンサイは葉と軸に分け、葉はざく切りに、軸は六つ割りにする。ねぎは斜め1cm長さに切り、白菜キムチは食べやすい大きさに切る。下味に白菜キムチの汁を使うと、しょうがやにんにくの風味が加わっておいしくなる。

2. フライパンに油小さじ2を熱し、チンゲンサイの軸、白菜キムチを入れて2~3分炒める。ねぎ、はるさめを加えてさらに炒め、全体に油がまわったらチンゲンサイの葉を加えて炒め合わせる。しんなりしたら酒小さじ2、しょうゆ小さじ1で調味する。たこを汁ごと加え、さっと炒め合わせて器に盛る。

たことはるさめの歯ごたえの違いを感じられる1品。さらに白菜キムチやチンゲンサイのシャキシャキ感も加わり、口の中でさまざまな食感を楽しめます。キムチのピリッときいた辛さがたまりません。

たことはるさめのピリ辛炒め


水溶き片栗粉でとろみをつけてやさしい口当たりに。ごま油のこうばしい香りが食欲をそそります。

たことキムチが相性抜群!「たことはるさめのピリ辛炒め」


えびのはるさめ炒め


えびは殻つきのまま加えるので、下ごしらえも簡単。オイスターソースやバターを使ってコク深く仕立てましょう。

「えびのはるさめ炒め」


えびとはるさめのチリソース炒め


しょうがやにんにく、ねぎといった香味野菜を加え、風味豊かに仕上げます。豆板醬の辛みがよいアクセントに。

「えびとはるさめのチリソース炒め」


シーフードの焼きはるさめ


はるさめのゆで時間は1分程度でOK。炒め合わせた時に調味料を吸って、ちょうどよいかたさになりますよ。

「シーフードの焼きはるさめ」


はるさめは乾物なので、常温で保存しても問題ありません。湿気を防ぐために乾燥材を入れ、保存袋などで密封してくださいね。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //