休日ランチに作りたい! えびの麺料理5選 画像(1/5) 「えびと菜の花のアーリオオーリオ」

プリッとした歯ごたえの「えび」は、高たんぱくで低脂肪というヘルシー食材でもあります。今回はそんなえびを使った麺料理5選を紹介しましょう。基本は具材を炒めた後に麺とあえるだけでOKなので、休日ランチにぴったり。鮮やかな赤色が見た目にもキレイなので気分も上がります♪


えびと菜の花のアーリオオーリオ

【材料・2人分】

スパゲッティ 160g、えび 小12尾(約100g)、菜の花 1/2束、にんにく 2片、赤とうがらし 1本、塩、オリーブ油

【作り方】

1. えびは尾を残して殻をむき、竹串で背わたを除く。菜の花は根元のかたい茎を1~2cm落とし、1cm長さに切る。にんにくは1mm厚さの輪切りにする。

2. スパゲッティは、袋の表示より1~2分短めに塩適宜を加えたたっぷりの熱湯でゆではじめる。

3. フライパンにオリーブ油大さじ4、にんにく、とうがらしを入れて弱火で炒める。にんにくが色づいたらにんにくと、とうがらしをペーパータオルに取る。にんにく、赤とうがらしは、オリーブ油で炒めて、香り、辛みを移したら、焦げないように取り出しておく。

4. 3の油が残ったフライパンにえびと菜の花を加え、強火にして炒める。油がまわったら2のスパゲッティのゆで汁1カップを加え、中火にして約3分煮詰め、塩で味をととのえる。菜の花は小さく切り、えびは小ぶりのものを選ぶと、具とパスタがよくからみ、皿に盛ったときの彩りもよい。

5.ゆで上がったスパゲッティを4に加えて混ぜ、皿に盛る。にんにくと、とうがらしをのせる。

(1人分599Kcal、塩分2.2g)

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

にんにくを使ったオイルソース「アーリオオーリオ」に菜の花をプラスして春テイストに。スパゲッティは最後にソースと合わせて再加熱するため、袋の表示より短めにゆでるのがアルデンテにするポイントです。


えびときのこのペペロンチーノ

えびの風味がたっぷりしみ出たオリーブ油をソースに仕立てましょう。具がなるべく油をかぶるように、小さめのフライパンで煮るのがおすすめ。

休日ランチに作りたい! えびの麺料理5選 画像(3/5) えびとパプリカの甘みが新鮮な「えびときのこのペペロンチーノ」

えびの塩焼きそば

「野菜炒めミックス」は炒めたあとにいったん取り出し、ざるにあけます。汁けをきると麺が水っぽくなりませんよ。

休日ランチに作りたい! えびの麺料理5選 画像(6/5) 「えびの塩焼きそば」

ぷりぷりえびの塩にんにく焼きそば

えびとしらす干しで海鮮風に仕上げた1品です。ししとうがらしに含まれるβ-カロテンは、油と一緒に調理すると吸収率がアップ。

休日ランチに作りたい! えびの麺料理5選 画像(10/5) 「ぷりぷりえびの塩にんにく焼きそば」

えびのトマトクリームパスタ

濃厚なトマトの味わいを生クリームでまろやかに。ベースの「シンプルトマトソース」はハンバーグやオムレツにも使えます。

休日ランチに作りたい! えびの麺料理5選 画像(15/5) 「えびのトマトクリームパスタ」

冷凍もののえびなら使いたい時にすぐ使えるので、ストックしておくと便利ですよ。