多めに作ればお弁当にも活用できる! 野菜を使った洋風炊き込みご飯5選 画像(1/5) 「とりとカリフラワーのピラフ」

さまざまな具材のおいしさとホカホカご飯を同時に味わえる炊き込みご飯は、覚えておくと重宝するメニュー。いつものご飯を手軽にボリュームアップでき、見た目も栄養もバッチリです。今回は、野菜を使った洋風炊き込みご飯5選をご紹介。多めに作っておけばお弁当にも利用できるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。


とりとカリフラワーのピラフ

【材料・2~3人分】

とりもも肉 小1枚(約200g)、カリフラワー 1/2個、にんじん 3cm、ホールコーン缶 大さじ3、米 2合、スープ(顆粒スープの素 小さじ2と1/2、塩 小さじ1/3~2/3、水 2カップ)、塩、こしょう、バター

【作り方】

1. 米は洗ってざるに上げる。とり肉は余分な脂肪を除き、6つに切って塩、こしょう各少々をふる。カリフラワーは大きめの小房に分ける。にんじんは5mm角に切る。

2. フライパンにバター大さじ1を溶かし、とり肉を皮目から入れる。焼き色がついたら上下を返し、カリフラワーも入れて焼く。とり肉の両面にこんがり焼き色がつくまで焼く。

3. 炊飯器に米、スープの材料を混ぜて入れ、2、コーン、にんじんをのせて普通に炊く。炊き上がったら、とり肉、カリフラワーをいったん取り出し、ご飯を大きく混ぜる。とり肉、カリフラワーとともに器に盛り、好みでパセリのみじん切りを散らしても。米に具材を広げてのせる。具のうまみが下の米にしみこんでおいしくなる。

※米の炊飯時間は調理時問に含まれません。

(1人分559Kcal、塩分3.4g、調理時間15分)

とりもも肉は比較的脂肪の多い部位なので、余分な脂身を取り除くのがポイント。ただし脂肪はうまみのもとにもなるので、除きすぎには注意しましょう。炊き込む前に焼きつけておくと、こうばしさを引き出せますよ。


たこの洋風炊き込みご飯

弾力のあるたこやシャキシャキ食感のれんこんを入れて、歯ざわりよく仕上げます。ミニトマトのさわやかな酸みがアクセントに。

多めに作ればお弁当にも活用できる! 野菜を使った洋風炊き込みご飯5選 画像(3/5) 材料を入れて炊くだけ!「たこの洋風炊き込みご飯」

エリンギのバターコンソメ炊き込みご飯

玉ねぎやエリンギ、ソーセージはバターで炒めてから炊飯器にIN。炊き上がったらこしょう少々を加えれば、風味がより豊かになります。

多めに作ればお弁当にも活用できる! 野菜を使った洋風炊き込みご飯5選 画像(6/5) 「エリンギのバターコンソメ炊き込みご飯」

アボカドベーコンご飯

アボカドは変色しやすいので、カットしたらレモン汁をふりかけておきましょう。クリーミーな味わいがたまりません。

多めに作ればお弁当にも活用できる! 野菜を使った洋風炊き込みご飯5選 画像(10/5) 「アボカドベーコンご飯」

玉ねぎスープのえびピラフ

玉ねぎを丸ごと煮たスープを使用。やさしい甘みがふんわり広がり、ご飯全体をまろやかにまとめてくれます。

多めに作ればお弁当にも活用できる! 野菜を使った洋風炊き込みご飯5選 画像(15/5) 「玉ねぎスープのえびピラフ」

炊き込みご飯は1品でも満足できるものばかりなので、組み合わせるのはあっさりした副菜や汁物でじゅうぶん。忙しい日は前もって下ごしらえをしておくと、パパっと準備できて便利ですよ。