暑い日でもご飯が進む~! トマト×豚肉の炒めもの5選

#食 
「トマトたっぷりしょうが焼き」


一年を通して手に入るトマトですが、夏ものは味と栄養価がよく、さらに値段もお手頃なので使わない手はありません。今回はごはんが進むトマト×豚肉の炒めもの5選を紹介します。トマトに含まれるリコピンは水には溶けずに油に溶けるので、油を利用した調理がおすすめ。トマトの酸みで食欲が刺激されるので、夏バテの時にも食べやすいですよ。

トマトたっぷりしょうが焼き


【材料・2人分】

豚こま切れ肉 200g、トマト 2個、オクラ 4~5本、しょうが 1かけ、たれ(しょうゆ、みりん 各大さじ1、砂糖 少々)、サラダ油、塩

【作り方】

1. トマトはくし形に切って耐熱容器に入れ、ラップをかけずに電子レンジで約1分加熱する。

2. オクラはがくをぐるりとむき、斜め半分に切る。しょうがは半分をせん切りにし、残りはすりおろす。おろししょうがと、たれの材料を混ぜ合わせる。

3. フライパンに油大さじ1/2を熱して2のしょうがのせん切り、豚肉を入れて炒め、肉の色が変わったらオクラ、塩少々を加えてさっと炒め合わせる。

4. 2のたれを加えて炒め、全体に混ざったら1を加えてさっと炒め合わせる。トマトはレンジ加熱で半分火を通し、最後に加えて炒めることで、くずれにくくなる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1人分334Kcal、塩分1.7g)

トマトの赤とオクラの緑が目にも鮮やかな1品。オクラはさっと炒める程度に留めて、独特の歯ごたえを残しましょう。しょうがは半分はせん切りに、残りの半分はおろししょうがにすれば、味も食感も十分に楽しめますよ。

豚とトマトの卵炒め


トマトと豚肉に卵がからんでふっくら♪ 具は熱いうちに溶き卵に混ぜてから、再び炒めると簡単に半熟の卵炒めができますよ。

味つけはしょうゆ&みそでOKの「豚とトマトの卵炒め」


豚とトマトのスパイシー炒め


ナツメグなどのスパイスや酒を豚肉の下味に使用します。肉の臭みがやわらぐとともに、うまみもアップ。

「豚とトマトのスパイシー炒め」


トマトの豚キムチ


とろっとしたトマトがまた違ったおいしさに。キムチのピリッとした辛みがクセになります。

「トマトの豚キムチ」


豚肉とトマトのしょうが炒め


しょうがやにんにくなどの薬味で奥深い味に仕上げます。みょうがもプラスすれば、より夏っぽいテイストになってGOOD。

「豚肉とトマトのしょうが炒め」


トマトにはグルタミン酸と呼ばれるアミノ酸がたっぷり。肉や魚と一緒に調理することでおいしさが増すので、積極的に料理に取り入れてみてくださいね。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //