夏バテ対策! 旬のゴーヤーがたまらない肉おかず5選

#食 
「豚バラとゴーヤーの昆布炒め煮」


“災害レベル”とも呼ばれる暑さが猛威を振るっている今年の夏。じっとしているだけでも汗が噴き出す猛暑に負けて、食欲が落ちてしまっている人もいますよね。そこで今回は、食欲促進に効果的なゴーヤーの肉おかず5選をご紹介。夏の体にうれしい栄養が詰まった夏野菜をモリモリ食べて、失っていた元気を取り戻しましょう。

豚バラとゴーヤーの昆布炒め煮


【材料・2人分】

豚バラ薄切り肉 100g、ゴーヤー 1本、塩昆布 10g、サラダ油、酒、砂糖、しょうゆ

【作り方】

1. ゴーヤーは縦半分に切って横薄切りにする。豚肉は1cm幅に切る。

2. フライパンに油小さじ1を中火で熱し、豚肉を入れて炒める。脂が出てきたら、ゴーヤーを加えて油がなじむまで炒め合わせる。豚肉を先にしっかりと炒めて脂を出す。脂のうまみがおいしさのポイント。

3. 塩昆布、酒大さじ2、砂糖、しょうゆ各小さじ2を加えて炒め合わせる。水1/4カップを加えてふたをして、火が通るまで約5分蒸し煮にする。

(1人分257Kcal、塩分1.8g、調理時間15分)

沖縄風の甘辛い味つけでご飯が進む1品です。だしがたっぷり出る塩昆布を使っているから、煮込む際にだし汁を足す必要はありません。晩ご飯のメインディッシュとしてはもちろん、お弁当のおかずとしても利用してみて。

ゴーヤーの肉巻きしょうが焼き


たれにはおろししょうがをきかせて風味をアップ。シャキシャキしたゴーヤーの食感を楽しんでくださいね。

ジューシーな肉でゴーヤーを包んで!「ゴーヤーの肉巻きしょうが焼き」


ゴーヤーの肉巻きソース照り焼き


ゴーヤーの苦みをウスターソースとバターでマイルドにします。できたてアツアツのうちに召し上がれ。

「ゴーヤーの肉巻きソース照り焼き」


ゴーヤー冷しゃぶ


熱湯に油と塩を加えてからゴーヤーと豚肉をゆでるのがポイント。油でコーティングされるので、食べた時の口当たりがよくなります。

「ゴーヤー冷しゃぶ」


豚バラとゴーヤーのカレーチャンプルー


ゴーヤー料理の定番・チャンプルーにカレー粉をプラスします。味が薄まらないように、豆腐や野菜から出た汁けはしっかり飛ばしましょう。

「豚バラとゴーヤーのカレーチャンプルー」


ゴーヤーは、表面のこぶ状の突起に張りがあってかたく、つぶれていないものが良品。皮の緑色が鮮やかなものが新鮮なので、購入の際は参考にしてみて。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //