サラダだけなんてもったいない! トマトのうま味をぐんと引き出す「炒めもの」5選 画像(1/5) 「牛肉とトマトのみそ炒め」

トマトは男女問わず高い人気を誇る夏野菜。ビタミンCやビタミンE、抗酸化作用を持つリコピンが豊富に含まれています。生のままサラダに入れるだけでなく、加熱することでうまみが格段にアップ。そこで今回は、トマトを使った炒めもの5選をご紹介しましょう。見た目も彩り豊かなトマトの炒めものを食べて、酷暑を乗りきってみては?

牛肉とトマトのみそ炒め

【材料・2人分】

牛切り落とし肉 180g、ピーマン 2個、トマト 1個、にんにくのみじん切り 1/2片分、合わせ調味料(みそ 小さじ2、しょうゆ 小さじ1/2~1、みりん 小さじ1/2)、塩、こしょう、ごま油

【作り方】

1. ピーマンは四つ割りにし、斜め半分に切る。トマトは大きめの一口大の乱切りにする。牛肉は大きければ食べやすい大きさに切り、塩、こしょう各少々をふる。

2. フライパンにごま油小さじ1を熱し、牛肉とにんにくを入れて炒める。肉の色が変わったらトマトとピーマンを加えて、さらに炒める。

3. トマトの角がとれてきたら合わせ調味料を加え、汁けをとばすようにして手早く炒め合わせる。トマトの角がとれたところで合わせ調味料を加えると、トマトが程よくくずれて全体になじむ。

(1人分343Kcal、塩分1.6g、調理時間10分)

トマトとみその意外な組み合わせの1品。まろやかなみそと、酸味のきいたトマトの相性は抜群です。夏バテして食欲がないときでもご飯がすすみますよ。にんにくに含まれるビタミンB1は抗菌作用があるので、夏風邪の予防にもおすすめです。

牛肉とトマトのカレー炒め

トマトとピーマンで見た目も華やかなカレー炒めです。さっと炒め合わせるのが水っぽくならないコツ!

サラダだけなんてもったいない! トマトのうま味をぐんと引き出す「炒めもの」5選 画像(3/5) カレーの香りが食欲をそそる「牛肉とトマトのカレー炒め」

いかのトマト炒め

いかとトマトを使ったイタリアン。バターじょうゆを加えて風味よく仕上げるのがポイントですよ。

サラダだけなんてもったいない! トマトのうま味をぐんと引き出す「炒めもの」5選 画像(6/5) 「いかのトマト炒め」

トマト卵炒め

ふんわりたまごとたっぷり入ったねぎが食欲をそそる1品。とりひき肉を使用しているのでヘルシーに仕上がります。

サラダだけなんてもったいない! トマトのうま味をぐんと引き出す「炒めもの」5選 画像(10/5) 「トマト卵炒め」

トマトの豚キムチ

豚キムチにトマトを加えてイタリアン風にアレンジ。とろけたトマトが絶品です。もちろんご飯との相性も◎。

サラダだけなんてもったいない! トマトのうま味をぐんと引き出す「炒めもの」5選 画像(15/5) 「トマトの豚キムチ」

栄養豊富なトマトは、この夏積極的に摂りたい野菜のひとつ。肉や魚と組み合わせることでおいしさが倍増します。これを機に、トマトの炒めものを献立のレパートリーに加えてみてくださいね。