溶けたチーズがたまらない♪ 肉と野菜をまろやかに包むチーズ蒸し5選 画像(1/5) 「豚とかぼちゃのチーズ蒸し」

あっさりした味になってしまいがちな蒸しものですが、ピザ用チーズを加えるだけでコクが格段にアップします。とろ~り溶けた食感もよく、やさしい口当たりはまるでソースのよう。今回は、肉と野菜をまろやかに包むチーズ蒸し5選を紹介します。色とりどりの野菜を使って、見た目も華やかに仕上げてみましょう。

豚とかぼちゃのチーズ蒸し

【材料・2人分】

豚ロースとんカツ用肉 2枚、下味(塩 小さじ1/2、こしょう 少々)、ピザ用チーズ 50g、かぼちゃ 1/8個(約250g)、ししとうがらし 10本、青じそ 5枚、白ワイン(または酒) 大さじ2、オリーブ油

【作り方】

1. 豚肉は4~5等分のそぎ切りにし、下味をもみ込む。かぼちゃはラップで包み、電子レンジで約2分加熱する。7~8mm幅に切って、長さを半分に切る。ししとうは縦に1本切り目を入れる。しそは細切りにする。かたいかぼちゃは薄く切りづらいが、軽く電子レンジ加熱をすると、切りやすくなる。

2. フライパンにオリーブ油大さじ1/2を熱して豚肉を並べ入れ、弱めの中火で2~3分、上下を返して約2分焼き、いったん取り出す。

3. 同じフライパンにかぼちゃを並べ入れて中火にし、1~2分上下を返しながら焼く。ししとうを加え、2を戻し入れて全体を軽く炒め合わせる。

4. チーズを散らしてワインをふり入れ、ふたをして3~4分蒸し焼きにする。器に盛って中央にしそをのせる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1人分557Kcal、塩分2.1g)

白ワインのさわやかな香りが鼻をくすぐります。味つけは塩、こしょうのみでも、かぼちゃの甘みやししとうがらしのほのかな苦みが加わり、絶妙なおいしさに。青じそは加熱すると色が悪くなるので、最後にのせてくださいね。

ミニロールキャベツのチーズ蒸し

キャベツと豚ロース薄切り肉を重ねて巻きます。ひき肉だねを作るより手間も時間も短縮できるので、忙しい日にもおすすめ。

溶けたチーズがたまらない♪ 肉と野菜をまろやかに包むチーズ蒸し5選 画像(3/5) 簡単に作れるからリピート確実!「ミニロールキャベツのチーズ蒸し」

とりとキャベツのチーズ蒸し

皮目をこんがりと焼いたとり肉は、火が入りすぎるとかたくなることも。野菜の上にのせて蒸し焼きにして、やわらかさをキープします。

溶けたチーズがたまらない♪ 肉と野菜をまろやかに包むチーズ蒸し5選 画像(6/5) 「とりとキャベツのチーズ蒸し」

なすのピザ風チーズ蒸し

なすとなすでトマトや豚ひき肉をサンドします。肉のうまみをじっくりなすに吸わせましょう。

溶けたチーズがたまらない♪ 肉と野菜をまろやかに包むチーズ蒸し5選 画像(10/5) 「なすのピザ風チーズ蒸し」

牛肉と夏野菜の重ね蒸し

フライパンで蒸し上がったら、器にすべらせるようにして盛りつけます。好みで粗びき黒こしょうをふって召し上がれ。

溶けたチーズがたまらない♪ 肉と野菜をまろやかに包むチーズ蒸し5選 画像(15/5) 「牛肉と夏野菜の重ね蒸し」

ピザ用チーズは塩けがきいているものが多いので、味つけの際には要注意。いつもと同じ調子で塩をふるとしょっぱくなってしまうので、ちょっぴり控えめにするといいかもしれません。