お肉のうまみをギュギュっと凝縮♪ 簡単炊き込みご飯5選 画像(1/5) 「豚肉とコーンの炊き込みご飯」

秋に食べたい味覚のひとつ「炊き込みご飯」は、地域によって「かやくご飯」や「味ご飯」と呼ばれることも。炊飯器ひとつでボリューム料理が完成するのもうれしいポイントですよね。そこで今回は、肉を具材のメインとした炊き込みご飯5選を紹介します。ご飯×肉という鉄板の組み合わせを楽しみましょう!

豚肉とコーンの炊き込みご飯

【材料・2~3人分】

豚こま切れ肉 150g、下味(おろししょうが 1かけ分、しょうゆ 小さじ2、砂糖、サラダ油 各小さじ1)、とうもろこし 1/2本、貝割れ菜 1/4パック、しょうがのせん切り 1かけ分、米 2合、酒、塩

【作り方】

1. 米は洗ってざるに上げておく。とうもろこしは、包丁で実をこそげるようにしてはずす。貝割れ菜はざく切りにし、しょうがと混ぜ合わせる。豚肉に下味をもみ込む。

2. 炊飯器の内釜の底に豚肉を広げ、その上に米を入れる。水360ml、酒大さじ1、塩小さじ1/2を合わせて静かに注ぎ、とうもろこしを広げてのせ、普通に炊く。内釜の底に下味をつけた豚肉を広げて炊くと、味が全体にまわり、豚肉は少しおこげのようになる。

3. 炊き上がったら、豚肉をほぐしながら、全体をさっくりと混ぜ合わせる。器に盛り、しょうがと貝割れ菜をのせる。

※米をざるに上げておく時間は、調理時間には含まない。

(1人分530Kcal、塩分1.6g、調理時間35分)

下味をつけた豚肉を内釜の底に広げて炊くと、味が全体にまわります。アクセントにしたコーンからほどよい甘みが出て、色あざやかな仕上がりに。底に並べた豚肉は「おこげ」のように炊き上がって、こうばしさがたまりません。

ザーサイ炊き込みご飯

味つけは、肉だんごのうまみとザーサイの塩けにお任せする1品。ひき肉はだんごにするとグンとボリュームが増し、食べごたえたっぷりです。

お肉のうまみをギュギュっと凝縮♪ 簡単炊き込みご飯5選 画像(3/5) ジューシーな豚肉だんごと香菜が絶妙なハーモニー!「ザーサイ炊き込みご飯」

豚と高菜の炊き込みご飯

味つけがしっかりしていて、お弁当に入れるのもおすすめです。ザーサイや野沢菜など、漬けものは好みのものに変えてもOK。

お肉のうまみをギュギュっと凝縮♪ 簡単炊き込みご飯5選 画像(6/5) 「豚と高菜の炊き込みご飯」

豚としょうがの炊き込みご飯

豚こま切れ肉は生で炊飯器に入れると、うまみがご飯にしみ込みます。材料を投入し炊飯器のスイッチを押すだけのお手軽炊き込みご飯。

お肉のうまみをギュギュっと凝縮♪ 簡単炊き込みご飯5選 画像(10/5) 「豚としょうがの炊き込みご飯」

牛肉ともやしの炊き込みご飯

もやしへの下味つけは不要です。しっかりと味つけをした牛肉だけで、甘じょっぱいテイストの炊き込みご飯ができあがり。

お肉のうまみをギュギュっと凝縮♪ 簡単炊き込みご飯5選 画像(15/5) 「牛肉ともやしの炊き込みご飯」

炊飯器のふたを開ける時、どんな仕上がりかワクワクしてしまいますよね。肉をトッピングした炊き込みご飯は、香りだけでもヨダレものなはず。たくさん作ってしまった時は保存方法を工夫しましょう。温かいうちに冷凍保存することで、解凍する際のパサつきが防げますよ。