ボリュームかさ増し♪ 食物繊維が豊富な「高野豆腐」を使ったメイン料理5選 画像(1/5) 「高野豆腐のベーコン巻きソテー」

“しみ豆腐”“凍り豆腐”とも呼ばれている高野豆腐は、保存がきく“乾物”の1つ。水に戻すとふわっとした弾力が出てくるので、食感のアクセントにもピッタリの食材です。今回は、高野豆腐をたっぷりと使用したメイン料理5選を紹介していきましょう。蒸す・煮る・焼くなど調理法も豊富なので、食べ飽きることなく高野豆腐を堪能できそう。

高野豆腐のベーコン巻きソテー

【材料・2人分】

ベーコン 8枚、卵液(卵 1個、牛乳 1/4カップ、塩 少々、こしょう 少々)、高野豆腐 4枚、新玉ねぎ 1個、クレソン 適量、ソース(トマトケチャップ 大さじ1、マヨネーズ 大さじ1)、バター、塩、こしょう

【作り方】

1. 高野豆腐は水にひたしてもどす。押し洗いしてよく水けを絞り、半分に切る。バットに卵液の材料を混ぜ合わせ、高野豆腐を入れ、途中上下を返して約5分つける。玉ねぎは8mm厚さの輪切りにする。もどした高野豆腐は水けをしっかり絞り、卵液にひたして、途中上下を返して充分に吸わせる。

2. 1の高野豆腐にそれぞれベーコンを巻く。フライパンにバター大さじ1を溶かし、高野豆腐をベーコンの巻き終わりを下にして並べ入れ、ふたをして約2分焼く。上下を返したら再びふたをして約2分焼き、器に盛る。フライパンをきれいにしてバター小さじ1を熱し、玉ねぎを焼き、上下を返して焼き色がついたら塩、こしょう各少々をふる。

3. 器に玉ねぎ、クレソンを盛り合わせ、ソースの材料を混ぜ合わせて添える。

(1人分693Kcal、塩分3.1g、調理時間15分)

高野豆腐に卵液をたっぷりしみこませて、フレンチトースト風に仕上げました。高野豆腐は水で戻した後に、しっかりと水けをきって卵液に裏表を5分ずつひたしてください。盛りつける時にクレソンを添えれば、華やかな印象になりますよ。

肉巻き高野豆腐

貝割れ菜とミニトマトをそえて彩りよくまとめています。高野豆腐はだし汁にひたして味をしみこませましょう。

ボリュームかさ増し♪ 食物繊維が豊富な「高野豆腐」を使ったメイン料理5選 画像(3/5) カリッと焼けた肉がこうばしい「肉巻き高野豆腐」

高野豆腐のミルクグラタン

生クリームを使わずになめらかな味わいを引き出しました。ピザ用チーズを使っているので、とろ~り食感が楽しめます。

ボリュームかさ増し♪ 食物繊維が豊富な「高野豆腐」を使ったメイン料理5選 画像(6/5) 「高野豆腐のミルクグラタン」

高野豆腐と鮭のさっと煮

高野豆腐の食感をそのまま残したやさしいテイスト。落し蓋をすると味がしっかりしみわたり、鮭もふっくらとした口当たりになります。

ボリュームかさ増し♪ 食物繊維が豊富な「高野豆腐」を使ったメイン料理5選 画像(10/5) 「高野豆腐と鮭のさっと煮」

チーズクリーム肉だんご

クリームチーズのコクと酸みが相性バツグンです。高野豆腐を混ぜると、加熱しても肉が固くなりません。

ボリュームかさ増し♪ 食物繊維が豊富な「高野豆腐」を使ったメイン料理5選 画像(15/5) 「チーズクリーム肉だんご」

高野豆腐は、和歌山県・高野山の宿坊で作られていたことから“高野”豆腐と名づけられました。もともとは天然の寒気で凍らせていましたが、現在では工場生産がほとんど。年間通して味わえる乾物として親しまれています。