和食の定番だからこそきっちり覚えたい! 味のしみたひじきの煮もの5選 画像(1/5) 「あっさり味のひじき煮」

日持ちがすることから、常備しておくと便利なひじき。あと1品足りない時に甘辛く煮込めば、手軽にパパッと副菜ができ上がります。今回は、味のしみたひじきの煮もの5選をご紹介。多めに作れば翌日のお弁当にも詰められるので、定番の作り方をしっかり押さえておきましょう。

あっさり味のひじき煮

【材料・作りやすい分量・4カップ分】

油揚げ 1枚、大豆の水煮 1カップ(約140g)、にんじん 小1本、こんにゃく 1/2枚、ひじき(乾燥) 30g、だし汁(またはスープ[とりガラスープの素 小さじ2+湯] ) 3カップ、サラダ油、しょうゆ、みりん

【作り方】

1. ひじきはさっと洗い、たっぷりの水に約30分つけてもどす。ざるに上げて、水をきる。

2. 大豆は水をきる。こんにゃくはさっと下ゆでし、油揚げ、にんじんとともに3cm長さの細切りにする。

3. 鍋に油大さじ1を熱し、1と2を入れ、木べらで混ぜて全体に油をからめる。だし汁を注ぎ、強火にかける。

4. 煮立ったら、しょうゆ大さじ2~3、みりん大さじ1を加え、弱めの中火で20分ほど煮る。火を止めて、そのままさまして味をなじませる。

(1人分383Kcal、塩分2.0g)

ベースに和風のだし汁を使うかとりガラスープを使うかで、味わいに大きな差が出ます。メインディッシュに合わせて、どちらをチョイスするか決めるといいかも。砂糖を入れないあっさり味は、箸休めにも最適です。

ひじきと豚肉のさっと煮

加熱は電子レンジにお任せします。加熱後はよくかき混ぜ、再びラップをかけてから余熱で味を含ませてください。

和食の定番だからこそきっちり覚えたい! 味のしみたひじきの煮もの5選 画像(3/5) 豚肉を入れて食べごたえを出すのがポイント♪「ひじきと豚肉のさっと煮」

ひじきとにんじんの煮もの

ちくわを加えてうまみをアップ。煮込む際は落としぶたをして、煮汁がほとんどなくなるまで加熱しましょう。

和食の定番だからこそきっちり覚えたい! 味のしみたひじきの煮もの5選 画像(6/5) 「ひじきとにんじんの煮もの」

とりだしのシンプルひじき煮

ひじきはたっぷりの水で戻すのがおすすめ。とりだしで煮れば、オムレツやトースト、パスタといった洋風メニューにもアレンジできます。

和食の定番だからこそきっちり覚えたい! 味のしみたひじきの煮もの5選 画像(10/5) 「とりだしのシンプルひじき煮」

ひじき煮

ひじきと油揚げだけのシンプルな煮ものです。梅干しの種を入れると、さっぱりした風味に。

和食の定番だからこそきっちり覚えたい! 味のしみたひじきの煮もの5選 画像(15/5) 「ひじき煮」

ひじきは黒いものほど良質とされ、つやのないものは品質が落ちていることがあります。保存する際は湿気を避け、冷暗所にしまってくださいね。