気分はカフェでおしゃれランチ! 1皿で大満足できるガパオライス5選 画像(1/5) 「チキンガパオ」

タイの人気料理ガパオライス。具だくさんなうえカラフルなので、目でも楽しめる炒め料理です。今回は簡単に作れる彩り豊かなガパオライス5品をご紹介。さまざまな具を入れて楽しめるので、基本さえ覚えればアレンジも多様です。ハーブの香りが華やかな、エスニック料理をマスターしてみては?

チキンガパオ

【材料・2人分】

とりもも肉 大1/2枚(約150g)、卵 2個、赤パプリカ 1/2個、にんにく 1片、温かいご飯 茶碗2杯分、合わせ調味料(ナンプラー 大さじ1、砂糖 小さじ1と1/2、塩 小さじ1/4、こしょう 少々、水 大さじ2)、サラダ油

【作り方】

1. パプリカは1cm四方に切る。にんにくはみじん切りにする。とり肉は皮をはがし、それぞれ粗く刻む(肉は8mm角が目安、皮は8mm四方が目安)。

2. フライパンに油大さじ1/2を中火で熱し、卵を割り入れて、まわりがカリッとするまで焼いて取り出す。

3. フライパンに油大さじ1を足して弱火で熱し、とり肉の皮を入れて焼く。カリッとしたら、にんにく、とり肉を加えて炒め合わせる。肉の色が変わったら、パプリカ、合わせ調味料を加えてさっと炒め、火を止める。とりの皮を先に焼いて、出てきた脂で肉とパプリカを焼いて味に一体感を出す。ナンプラーと砂糖で一気にタイの味になる。

4.器にご飯を盛り、3、2を順にのせる。好みでバジルをのせる。

(1人分461Kcal、塩分3.0g)

とりもも肉を粗く刻んだ、シンプルなガパオライスです。とり肉から皮をはがして、先にカリカリになるまで炒めるのが重要なポイント。とり皮から出た脂で他の具材を炒めて、とりのうまみで包みましょう。

ガパオライス

コロコロのとりもも肉がジューシーなメニュー。大人から子どもまで大好きな、甘辛い味つけです。

気分はカフェでおしゃれランチ! 1皿で大満足できるガパオライス5選 画像(3/5) 大きめに切った具が食べごたえ抜群の「ガパオライス」

なすのガパオ飯

とりガラスープやオイスターソースの合わせ調味料で炒める本格的な1皿。しっとりしたひき肉の味わいを楽しんでください。

気分はカフェでおしゃれランチ! 1皿で大満足できるガパオライス5選 画像(6/5) 「なすのガパオ飯」

ガパオご飯

ナンプラーを使わずお手軽に。バジルは手でちぎることで、より鮮烈に香ります。

気分はカフェでおしゃれランチ! 1皿で大満足できるガパオライス5選 画像(10/5) 「ガパオご飯」

ガパオ

ピーナッツを加えることで、グッと異国風な味わいに。エスニックに味つけされたひき肉のうまみでご飯がとまりません。

気分はカフェでおしゃれランチ! 1皿で大満足できるガパオライス5選 画像(15/5) 「ガパオ」

ナンプラーがスーパーなどで気軽に手に入るようになったので、日本でもいっそう身近になった東南アジアの料理。エスニック料理は難しいかもと気後れせず、気軽にトライしてみてくださいね。