ガパオ

777kcal
3.4g
ガパオ
ガパオ

目玉焼きをくずし、混ぜながらどうぞ!

材料(2人分)

豚ひき肉…200g
卵…2個
玉ねぎ…1/2個
赤パプリカ…1個
バジル…20g
にんにくのみじん切り…小さじ2
赤とうがらし…2本
温かいご飯…茶碗2杯分
ピーナッツ…適量
エスニックのたれ
 ・ナンプラー…大さじ1
 ・オイスターソース…大さじ1
・サラダ油

作り方

  1. パプリカは縦半分に切り、玉ねぎとともに1cm四方に切る。バジルは葉を摘む。
  2. フライパンに油大さじ1を強めの中火で熱する。玉ねぎ、にんにく、とうがらしを半分にちぎって種ごと入れ、玉ねぎが透き通るまで炒める。パプリカを加えてさっと炒め、ひき肉を加え、ポロポロになるまで炒める。
  3. エスニックのたれを加えて炒め、火を止めてバジルを加え、混ぜる。器にご飯を盛り、ガパオをのせる。
  4. フライパンに多めの油を熱する。卵を割り入れ、目玉焼きを作って3にのせ、粗く刻んだピーナッツを散らす。

※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

小林まさみ
小林まさみ
料理研究家。結婚後、料理研究家を目指して働きながら調理師学校で学ぶ。在学中から料理研究家のアシスタントなどを務め独立し、その後は雑誌、単行本、テレビ、企業のレシピ開発、イベントなどで活動。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • エスニック
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 木村拓

食材の扱い方・ポイント

玉ねぎ
玉ねぎ
生で、炒めて、煮て、揚げて、焼いてと、いろいろに調理され、和・洋・中、いずれの料理でも使…

切り方

皮をむく(1)

上下を落として皮をむく。

皮をむく(2)

残った先端の茶色い部分は包丁でむき取る。

輪切り

玉ねぎの繊維を切る向きに、用途に応じた厚さに切る。

みじん切り(1)

縦半分に切り、切り口を下にして置き、根元を切り離さないよう、根元の手前まで縦に細く切れ目を入れる。

みじん切り(2)

90度回して、へたを左側にし、厚みに何本か薄く切り目を入れる。右側から細かく切るとみじん切りに。

くし形切り(1)

根元を切らないよう、根を切り落とす。

くし形切り(2)

包丁を繊維に沿って斜めに入れて適当な大きさにする。

薄切り

縦薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして縦に置き、繊維に沿って、端から料理に応じた厚さに切ります(画像のもの)。形が崩れにくいので、料理の中で形を残したいときに。
横薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして横(輪切りと同じ向き)に置き、端から料理に応じた厚さに切ります。サラダなどに使う場合で、早く辛みを抜きたいときは、横に薄切りにして水にさらします。

バジル
バジル
強い香りが特徴のシソ科の香草。イタリア語ではバジリコ、フランス語ではバジリクといい、ヨー…
とうがらし
とうがらし
熱帯アメリカ原産のナス科の野菜で、果実を野菜として食べたり、香辛料として使います。紀元前…

おすすめ読みもの(PR)