電子レンジを使って5分で完成! 旬のカリフラワーで作るお手軽副菜5選 画像(1/5) 「ツナとカリフラワーのホットサラダ」

11月から3月の間に旬を迎えるカリフラワー。今回はパパッとできちゃう、カリフラワーを使った副菜をご紹介します。

ツナとカリフラワーのホットサラダ

【材料・2人分】

ツナ缶 小2/3缶(約50g)、カリフラワー 1/5個(約100g)、洋風スープの素(顆粒) 小さじ1/4、塩、粗びき黒こしょう

【作り方】

1. カリフラワーは縦7mm幅に切り、耐熱ボウルに入れる。洋風スープの素と、ツナを缶汁をきって加えて混ぜる。

2. 塩、こしょう各少々をふり、ラップをかける。電子レンジで約2分加熱して、ざっと混ぜる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1人分76Kcal、塩分0.6g、調理時間5分)

ひと口サイズに切ったカリフラワーを缶詰のツナとあわせたら、電子レンジにかけるだけで完成です。ツナのうまみがカリフラワーにしみ込んで、手軽さの割に驚きの完成度。切ってから混ぜ合わせてあとはレンジにお任せなので、メイン料理の片手間で作れるのがうれしいですよね。

電子レンジを使って5分で完成! 旬のカリフラワーで作るお手軽副菜5選 画像(3/5) ゆでずに漬けるだけの「カリフラワーの酢漬け」

カリフラワーの酢漬け

小房に分けたカリフラワーを薄切りにすることで、短時間でもよく漬かります。甘酢の材料はシンプルなので失敗の心配もナシ。時間がある時は3時間ほど漬け込んでおくと、味がよくしみ込んで違った味わいになります。

電子レンジを使って5分で完成! 旬のカリフラワーで作るお手軽副菜5選 画像(6/5) 「チーズカリフラワー」

チーズカリフラワー

水にくぐらせてからレンジにかける時は、ラップをふんわりかけるのがポイント。ぴったりかけてしまうと、水蒸気でラップを破ってしまうので注意しましょう。スライスチーズがトロけて、お手軽メニューとは思えないできばえです。

電子レンジを使って5分で完成! 旬のカリフラワーで作るお手軽副菜5選 画像(10/5) 「カリフラワーのカレーマリネ」

カリフラワーのカレーマリネ

にんにくのコクとカレー粉のスパイシーさがクセになる味わい。酢のおかげで辛さがやわらぎ、子どもでも食べられる爽やかな後味になります。生の玉ねぎは独特の辛みがあるので、あらかじめ2~3分は水にさらしてください。

電子レンジを使って5分で完成! 旬のカリフラワーで作るお手軽副菜5選 画像(15/5) 「カリフラワーの明太子あえ」

カリフラワーの明太子あえ

白いカリフラワーにピンクが美しい、豪華見えして目をひく1皿。ピリ辛の明太子が、カリフラワーのほのかな甘みを引き立たせてくれます。ご飯がすすむ味つけなのに、1人前の塩分量が0.4gというヘルシーさも◎

カリフラワーは色の白くてすき間のないものを選びましょう。いたみやすいので、保存する時はゆでてからがおすすめです。