食物繊維ほんとに足りてる? 手軽に取れる!「わかめを使った月~金のサラダ」

#食 
「レタスとわかめのサラダ」


サラダは手軽に作れる副菜の1つ。排せつを促進する食物繊維を含む「わかめ」をプラスして、便秘解消に役立つサラダを作ってみては?

レタスとわかめのサラダ


【材料・2人分】

レタス 1/2個、カットわかめ 大さじ1、ドレッシング(ごま油 大さじ1、しょうゆ、酢 各大さじ1/2、塩、こしょう 各少々)

【作り方】

1. レタスは一口大にちぎって水に約5分さらし、水けをきる。カットわかめ大さじ1は水でさっと洗い、やわらかくなるまで水でもどして水けをきる。

2. 器に盛り合わせ、ドレッシングをかける。

(1人分71Kcal、塩分1.3g)

カットわかめとレタスだけで作るシンプルなサラダは、朝食に最適です。レタスを冷水にさらしておくとシャキシャキ食感に。水でもどしたわかめとともに器に盛りつけたら、ごま油ベースのコクうまドレッシングをかけていただきましょう。

大根とわかめの塩ヨーグルトサラダ


プレーンヨーグルトと塩を混ぜて作る「塩ヨーグルト」が味の決め手。「塩ヨーグルト」は清潔な保存容器に入れておけば、冷蔵庫で10~14日間保存できます。サラダには粉とうがらしをかけ、ピリッとした辛みを足すのもおすすめ。

ツナ缶入りでうまみアリ!「大根とわかめの塩ヨーグルトサラダ」


韓国風レタスあえサラダ


手でちぎった大ぶりレタスは存在感抜群。わかめや細切りにしたきゅうりと一緒に、甘辛い韓国風ドレッシングでしっかりあえてください。味をみて足りなければ塩で味をととのえ、白すりごまをかけて召し上がれ。

「韓国風レタスあえサラダ」


わかめととり肉の韓国風サラダ


ささ身は縦に切り目を入れて開き、筋を除いてから電子レンジで加熱します。粗熱がとれたら手で裂き、熱湯を回しかけてふっくらと仕上げたわかめと合わせましょう。香味野菜をきかせた風味豊かな味わいは、おつまみとしても活躍しそう。

「わかめととり肉の韓国風サラダ」


かぶの韓国風サラダ


かぶの茎に汚れが残っているようであれば、竹串などを使ってていねいに洗い流します。塩もみした際に出た余分な水分を捨てると、味なじみがよくなって◎。かぶの白、ハムのピンク、わかめの濃緑といったカラフルな色合いが食欲をそそります。

「かぶの韓国風サラダ」


食物繊維以外にも、わかめにはヨウ素やカリウム、カルシウムなどが豊富。サラダにアレンジすればたっぷり食べられ、上手に栄養を摂取できますよ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //