給料日前のピンチを乗り切る! もやしの炒めものおすすめアレンジ5選

#食 
「もやしのペペロンチーノ」


給料日前のピンチを救う野菜といえば「もやし」。今回は、食卓のメイン料理にもなるもやしの炒めもの5選を紹介します。

もやしのペペロンチーノ


【材料・2人分】

豆もやし 1袋、ベーコン 3枚、粉チーズ 大さじ1、おろしにんにく 1/2片分、赤とうがらしの小口切り 1本分、パセリの粗みじん切り 大さじ2、洋風スープの素(顆粒) 小さじ1/2、オリーブ油、塩、粗びき黒こしょう

【作り方】

1. ベーコンは1cm幅に切る。

2. フライパンにオリーブ油大さじ1を中火で熱し、にんにく、とうがらしを加えて炒める。香りが立ったらベーコンを加えて炒め合わせる。

3. 豆もやしを加え、強火で炒める。粉チーズ、スープの素を加えてさっと混ぜ合わせ、塩、こしょうで味をととのえる。仕上げにパセリを散らし、好みでさらに粉チーズをふっても。粉チーズはフライパンの中で混ぜると、溶けてよくからむ。

(1人分243Kcal、塩分1.5g)

ベーコンや粉チーズといった“コクだし”食材を利用すると、おいしさがアップします。赤とうがらしのピリッとした辛みも加わり、淡泊なもやしがパンチのある味に大変身。カラフルで彩りがキレイなので、お弁当のおかずにもおすすめです。

もやしとベーコンのソース炒め


ウスターソースで味つけしてから青のりをかけると、お好み焼き風の味を楽しめる1品に。もやしはシャキシャキ感を残すために、強火で手早く炒めるのがポイントです。しっかり炒めておけば、盛りつけた時に水っぽくなりません。

ウスターソースが味の決め手!「もやしとベーコンのソース炒め」


もやしペペロンチーノ風


もやしをゆでてざるにあけたら、熱いうちに塩、こしょうをふっておきましょう。高菜漬け入りのピリ辛オイルをかけた時、味がグッと引き立ちます。より香りよく仕上げたいなら、最後にオリーブ油をかけてもOK。

「もやしペペロンチーノ風」


もやしと卵のオイスター炒め


卵は加熱してふんわりしたところでいったん取り出し、肉、野菜を炒めたあとで戻し入れてください。卵に肉のうまみをからめれば、肉が少量でも大満足できて◎。合わせ調味料はよく混ぜておくと、味がまんべんなくなじみます。

「もやしと卵のオイスター炒め」


もやしと卵のチリ炒め


カロリーが低めなので、ダイエット中でも安心して食べられます。豆板醤に酒、みそとトマトケチャップを混ぜれば、即席チリソースのでき上がり。みその塩けとトマトケチャップの甘みがマッチして、即席で作ったとは思えないほどの味わいです。

「もやしと卵のチリ炒め」


単品だと物足りなさを感じるもやしも、ベーコンや卵などを“ちょい足し”すればちょっぴりリッチなテイストになりますよ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //