レンジで作った自家製「ごま鮭フレーク」でお手軽「鮭丼」5段アレンジ♪ 画像(1/5) 「鮭フレーク丼」

温かいご飯によくあう鮭フレーク。今回はレンジで作れる「自家製鮭フレーク」を使った丼料理をご紹介します。

鮭フレーク丼

【材料・2人分】

温かいご飯 どんぶり2杯分、ごま鮭フレーク(甘塩鮭 4~5切れ、酒 大さじ2、塩 少々、白いりごま 小さじ2) 半量

【下ごしらえ】

1. 耐熱皿に甘塩鮭を並べ、酒、塩をふる。ラップをかけて電子レンジで7~8分加熱する。ラップをはずして粗熱をとる。

2. 鮭の皮と骨を除き、身を細かくほぐす。白いりごまを混ぜ、味をみて塩を混ぜても。

【作り方】

1. 器に温かいご飯を等分に盛り、ごま鮭フレークを等分にのせる。好みで貝割れ菜を添える。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1人分446Kcal、塩分1.4g)

甘塩鮭に酒と塩を振って電子レンジでチンすれば、自家製鮭フレークのできあがり。白いりごまを混ぜると、食感の変化や香ばしさが味わえます。温かいご飯に鮭フレークをのせてから、最後に好みで貝割れ菜を添えると見栄えがアップ。

鮭親子丼

いくらの赤色と鮭フレークのピンク色が、美しいグラデーションに。甘酢しょうがとわさびをのせれば、おすし風のさわやかな味わいになりますよ。豪華見えするので、ちょっと特別な日の料理にもおすすめ◎

レンジで作った自家製「ごま鮭フレーク」でお手軽「鮭丼」5段アレンジ♪ 画像(3/5) 手軽に作れて見栄えもばっちりな「鮭親子丼」

鮭の二色丼

せん切りにしたきゅうりとねぎの色合いが華やかなメニュー。きゅうりとねぎは水っぽくならないよう、あらかじめ塩をまぶして水けを絞っておきましょう。ごま油で香りづけすることで、ヘルシーなのに食べごたえ抜群!

レンジで作った自家製「ごま鮭フレーク」でお手軽「鮭丼」5段アレンジ♪ 画像(6/5) 「鮭の二色丼」

鮭コーンバター丼

甘いコーンとバターを使った、まろやかでコク深い味わいの丼料理です。さやいんげんは塩をふって電子レンジにかけると、甘さが増して色鮮やかに。バターじょうゆと鮭のうまみで箸が止まらなくなります。

レンジで作った自家製「ごま鮭フレーク」でお手軽「鮭丼」5段アレンジ♪ 画像(10/5) 「鮭コーンバター丼」

ごまみそ鮭丼

魚焼きグリルを熱し、アスパラガスとまいたけをこんがり加熱します。電子レンジで作ったごまみそだれを具材にかければ、濃厚な香りにご飯がモリモリと進むはず。甘くて香ばしい野菜が楽しめる、春にふさわしい1皿です。

レンジで作った自家製「ごま鮭フレーク」でお手軽「鮭丼」5段アレンジ♪ 画像(15/5) 「ごまみそ鮭丼」

手頃な価格で手に入る鮭は、レパートリーがいくらあっても困りません。“自家製”という言葉に気おくれせず、気軽に挑戦してみては?