節約の強い味方! もやしをたっぷり使った豚肉のメインおかず5選 画像(1/5) 「もやしポークチャップ」

もやしは安価で購入することができて、食べごたえもある家計の強い味方。今回はもやしと豚肉を使ったメイン料理5選を紹介します。

もやしポークチャップ

【材料・2人分】

もやし 1袋、豚しょうが焼き用肉6枚(約200g)、玉ねぎ 1/2個、パセリのみじん切り 適宜、合わせ調味料(おろしにんにく 1片分、トマトケチャップ 大さじ3、しょうゆ、酒 各大さじ1、砂糖 小さじ1)、水溶き片栗粉(片栗粉 大さじ1/2、水 大さじ1)、塩、こしょう、サラダ油

【下ごしらえ】

1. ひげ根を取ると食感が引き立つうえ、もやしどうしがからまず、火の通りが均一になる。ひげ根を取り除いた状態で売られている「根切りもやし」を利用しても。水にさらすことで独特のにおいを取り除く。また水分が補われてパリッとするので食感がよくなる。時間は5分程度。さらしたらざるに上げてしっかり水けをきって。

【作り方】

1. 玉ねぎは縦7~8mm幅に切る。

2. 豚肉に塩、こしょう各少々をふる。フライパンに油大さじ1/2を熱して豚肉を広げ入れ、強めの中火で両面をこんがり焼いて皿に盛る。

3. 続けてフライパンに油大さじ1/2を足して熱し、玉ねぎを入れて透き通るまで炒める。もやしを加えて炒め、油がまわったら合わせ調味料を加えて手早く炒め合わせる。

4. 水溶き片栗粉を回し入れてとろみをつけ、2の肉にかけてパセリをふる。

(1人分427Kcal、塩分2.1g)

もやしはひげ根を取ることにより、炒めたときに絡まらず火の通りが均一になります。ご飯とも相性抜群の甘じょっぱいケチャップ味なので、子どもウケも◎。もやしとケチャップは、意外にも良くマッチした味わいに仕上がりますよ。

豚肉ともやしのキムチ炒め

野菜を切るときは全てキッチンばさみにおまかせ。具材をフライパンの中に入れたら、ふたをして蒸し焼きにします。スパイシーなキムチの香りは、嗅ぐだけで食欲が湧いてくるはず。ご飯のおかずだけでなく、お酒のお供にもおすすめです。

節約の強い味方! もやしをたっぷり使った豚肉のメインおかず5選 画像(3/5) 包丁を使わずに豚キムチが完成!「豚肉ともやしのキムチ炒め」

しょうがたっぷり豚もやし炒め

“中華風しょうがだれ”は、冷蔵庫で約2週間保存することが可能。常備しておくだけで、さまざまな料理に応用できます。歯触りをよくするために、にんじんをせん切りにして豚肉は細切りにカットしましょう。

節約の強い味方! もやしをたっぷり使った豚肉のメインおかず5選 画像(6/5) 「しょうがたっぷり豚もやし炒め」

もやしと豚バラのチャンプルー

もやしとお麩をプラスして、ボリューム感も満足できる炒めものです。麩は1度炒めたあとに、いったん取り出して最後に合わせてください。もやしは水が逃げやすいので、手早く炒めるとシャキッとした食感に。

節約の強い味方! もやしをたっぷり使った豚肉のメインおかず5選 画像(10/5) 「もやしと豚バラのチャンプルー」

豚もやし炒め

脂っぽいイメージのある炒めものですが、酸みをプラスすることでさっぱり味に変身。刻んだみょうがに酢を合わせれば、加熱したときに色が変色することもありません。水溶き片栗粉を加えて、なめらかな口当たりに仕上げます。

節約の強い味方! もやしをたっぷり使った豚肉のメインおかず5選 画像(15/5) 「豚もやし炒め」

もやしと豚肉の炒めものは食卓だけでなく、お弁当のおかずでも大活躍。バリエーションを増やせば、お財布がピンチのときにも重宝します。